● ヤクルト 5 − 6 巨人 ○
<1回戦・神宮>

 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、ヤクルトのショート・エスコバーの守備について言及した。

 エスコバーは、7回二死二塁から丸佳浩が放った三遊間の深いゴロを逆シングルでキャッチし、一塁へノーバウンドスローでアウトにした。

 この守備に「今のエスコバーのプレーはさすがメジャーリーガーですよ。あそこ(深い位置)からノーバウンドで投げたというのが素晴らしいです。日本人の選手がノーバウンドで投げるのは厳しいです」と絶賛していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)