○ 中日 6 − 1 広島 ●
<2回戦・ナゴヤドーム>

 投打が噛み合った中日が快勝。今シーズン初の本拠地勝利で連敗を「4」で止めた。

 中日は初回、「1番・右翼」で4試合ぶりにスタメン復帰した平田が左中間への二塁打でチャンスメイク。一死後、3番・福田が左中間突破の適時二塁打を放ち先制した。さらに二死三塁から、5番・高橋が2点目となる中前適時打。2回は平田の左前適時打で3点目を奪った。

 2点差に詰め寄られた6回は、代打・アルモンテの左前適時打などで2点を追加。7回は4番・ビシエドの左越え2号ソロで6点目を加えた。

 スタメン復帰した平田は3安打1打点と活躍。チャンスメイク、ポイントゲッターの両面でしっかり機能した。7番の京田も1安打2四球で計3出塁。6回は好走塁で帰還するなど2得点を記録した。

 投げては先発・吉見が好投。序盤からテンポ良くアウトを重ね、5回4安打1失点の内容で今季初勝利(1敗)を手にした。