● DeNA 6 − 8 阪神 ○
<2回戦・横浜>

 DeNAの守護神・山崎康晃が、サンズに逆転3ランを浴びた。

 6−5の1点リードからマウンドあがった山崎は、簡単に二死としたが、マルテ、大山悠輔に連続四球を与えると、新外国人のサンズに2ボール1ストライクから左中間へ逆転の3ランを浴びた。

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA−阪神戦』で解説を務めた真中満氏は「ツーシームが低めのいいところなんですけど、サンズの手の届くところに投げてしまいましたよね。あれが一番危ないボールですからね。結果論ですがストレートのインコース系の球だったら、抑えられるような気がしましたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)