● DeNA 6 − 8 阪神 ○
<2回戦・横浜>

 阪神の新外国人・サンズが、デビュー戦で逆転3ランを放ち、チームの勝利に大きく貢献した。

 サンズは練習試合で結果を残せず、開幕二軍スタートとなったが、この日一軍昇格し『6番・左翼』で先発出場した。

 サンズは初回の第1打席が見逃し三振、4回の第2打席も右飛、5回一死一、三塁で迎えた第3打席は、DeNA・ピープルズの前に3球三振。この三振に同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA−阪神戦』で解説を務めた真中満氏は「外にもチェンジアップ系のボールにもあっていませんでしたね」と指摘した。

 サンズは8回の第4打席も二ゴロに打ち取られたが、5−6の9回二死一、二塁の第5打席、守護神・山崎康晃のツーシームを捉え、レフトスタンドへ逆転の第1号3ランを放った。

 この本塁打に真中氏は「一番良い場面で一番良いホームランですからね。本人も嬉しいでしょうし、ベンチでのあの喜び方を見ると、貴重な一発でしたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)