29日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に電話出演した野村弘樹氏が、巨人の先発陣について語った。

 野村弘樹氏は、「開幕前は先発陣がどうなるかというところでしたが、練習試合で良くなかったサンチェスがしっかりと結果が出ていますし、桜井、田口、そして戸郷ですよね。彼もしっかり投げるところに投げている」と分析。

 野村氏が話したように、オープン戦、練習試合で精彩を欠いた新外国人のサンチェスは、28日のヤクルト戦、6回を無失点に抑えるなど、2試合に登板して2勝0敗、防御率0.77の成績を残す。ここまでチーム全体で6勝しているが、そのうち5勝が先発投手だ。

 また、野村氏は今季初登板となった23日の広島戦で、勝ち投手になった2年目の戸郷翔征について、「山口俊が抜けたというのが大きかった中で、桜井は昨年中盤から先発で投げていますけど、戸郷が120試合、ローテーションで回る、回らないでジャイアンツは変わってくると思いますね。今後に向けても注目となりますね」と、鍵を握るのではないかと予想した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)