○ 巨人 8 − 1 ヤクルト ●
<9回戦・東京ドーム>

 開幕から6番や7番で出場することの多かった巨人のパーラが12日、来日後初めて2番でスタメン出場した。

 2番、3番を打つことの多かった坂本勇人、丸佳浩の打撃不振により、この日は打順を大幅に入れ替え、パーラは2番で出場となった。

 そのパーラは第1打席にセンター前に安打を放つと、続く2回の第2打席はライトスタンドに飛び込む第4号ソロ、4回の第3打席にレフト前ヒットを放ち猛打賞を達成した。

 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−ヤクルト戦』で解説を務めた川相昌弘氏は「彼の場合は何番に入っても自分のタイプをある程度わかっていると思いますし、大振りしてホームランを狙うタイプではない。彼は2番、3番、5番、6番、7番でも対応するんじゃないかなと思いますね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)