○ DeNA 5 − 2 巨人 ●
<23回戦・横浜>

 DeNAが今季2度目の4連勝。首位巨人を相手に同一カード3連勝を収め、目の前での胴上げを回避した。

 試合は序盤に点を取り合って2−1で5回を終了。1点リードするDeNAが6回一死満塁のピンチを1人1殺の執念の継投で乗り切ると、7回に突き放して快勝。このラッキーセブンの口火を切ったのが、ドラフト1位ルーキーの森敬斗だった。

 森は投手の石田健大に代わってイニングの先頭打者として打席に入ると、この回からマウンドに上がっていた田口麗斗の2球目のスライダーを中前へ。続く戸柱恭孝の犠打で二塁へ進み、1番・梶谷隆幸の右前打で3点目のホームに滑り込んだ。

 流れるような攻撃で貴重な追加点をもぎ取ると、ここから打線が繋がり、4番・オースティンと5番・ソトも連続適時打。この回だけで3点を挙げて勝負を決めた。

 ラミレス監督は試合後のインタビューで「相手が左ピッチャーだったが、見事に出塁してくれて、その後に梶谷のタイムリー。完璧な攻撃だった。森という選手は何か特別なものを持っているんじゃないかと思う」と7回の攻撃の起点となった森についてコメントした。

 森は27日の一軍デビューから3日連続で「代打」出場し、ここまで3打数2安打2得点。着実に存在感を示しているゴールデンルーキーが、明日以降どのような場面で登場するのか注目だ。