DeNA 平田真吾投手・先輩から学び成長

DeNA 平田真吾投手・先輩から学び成長

 DeNAの救援陣は今季、層の厚みを増した。CS初出場など昨季の救援陣を支えたメンバーが居並ぶ中で、勝ち試合での継投に食い込む可能性を示したダークホースは平田真吾。沖縄県宜野湾市の一軍キャンプでは実戦3試合で計4回を無失点としてアピールした。

 プロ4年目の右腕は「自主トレでやってきたことができている。自分自身の力になっている」と手応えを感じている。オフにFAで巨人に移籍した山口俊の合同自主トレーニングに参加した。サイパンに同行し、「いつも気にかけてくれる。俊さんに投げ方、体の使い方を教えてもらった。それが形になってきたかな、と思う」と先輩に教えを請うた。キャンプ中の実戦では鋭いフォークで空振りを奪う場面も。「フォークは俊さんに教えてもらった。腕の振り方を真っすぐと同じようにする」と“師匠直伝”の宝刀も披露した。

 山口も門をたたいた鳥取のトレーニング研究施設ワールドウィングも訪れた。股関節の使い方とか体重移動について下半身の使い方を見直し「球の質が上がったし、回転も良くなった。低めに強い球がいくようになった」と実戦で投球の向上を実感した様子だった。

 チームは抑えの座を山崎康と新外国人右腕のパットンが競い、昨季活躍した三上、須田、田中健が勝ち試合の継投を担うと見られる。「1年間一軍にいることが目標」という平田。まずはオープン戦でいいパフォーマンスを続けることが重要だ。

関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索