巨人・重信慎之介 1点勝負の局面で輝きを放つことができるか? /足で魅せる

巨人・重信慎之介 1点勝負の局面で輝きを放つことができるか? /足で魅せる

スペシャリストとなることが期待される巨人の重信慎之介

 異次元のスピードでかき回す。開幕から出遅れていた重信慎之介が夏場を迎え、存在感を増している。

 昨季は2016年限りで現役引退した鈴木尚広氏が長く担ってきた“足の切り札”の役割を受け継ぐことを期待され、1年間、一軍の舞台でプレーした。「失敗も多かったし、自信になった部分もありました」と、十分な経験を積んだ。3年目の今季は春季キャンプからレギュラー候補と期待されたが、打撃でアピールできず開幕一軍を逃してしまった。

 さらに、下半身のコンディション不良を発症。約2カ月間、ランニングメニューをこなせない時期を過ごした。この期間を肉体強化に充て、体重は6キロ増。イースタンリーグで57打数16安打の打率.327とバットでも進化を遂げた。6月中旬にようやく今季一軍初出場を果たすと、主に終盤に代走要員として活躍している。

 7月1日の中日戦(ナゴヤドーム)では7回一死一塁で代走起用され、すかさず二盗。長野久義の左前適時打で貴重な追加点のホームを踏み、「早いカウントから仕掛けられるように準備をしていた」とうなずいた。高橋由伸監督も「(脚力は)一番の持ち味。あそこで(二盗に)行けたというのは、今後の自信にしてほしい」とたたえた。7月18日時点で3盗塁をマークしている。

「心の持ち様が変わりました。以前より落ち着いて試合に臨めています」と、精神的な変化に手応えを感じている重信。1点勝負の接戦で、輝きを放つことができるか。

写真=BBM


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索