三好 匠

 まさに衝撃的なプレーだった。6月19日、DeNAとの開幕戦(横浜)。三好匠はメヒアに代わって8回からサードの守備位置についた。2対1と1点リードの8回、一死三塁。一打同点のピンチ。代打でDeNAの強力な新助っ人オースティンが打席に入った。大瀬良が投じた2球目を強打され、打球はすさまじいスピードでサードへ向かった。手前で一度跳ねたボールは三好のグラブに収まった。三好は体勢を崩しながらも、体を1回転させ、すかさず本塁へ送球。見事に同点を防ぎ、チームに開幕戦白星をもたらした。

「(大瀬良)大地さんが粘ってくれていた。なんとかしたかった」

 三好にとっても厳しい条件がそろう中で生まれたワンプレーだ。開幕戦、ビジターでの試合、雨でぬれた人工芝、終盤の途中出場、本職の遊撃ではないサード、1点差の緊迫した場面……。すべての条件を一瞬ではね返した。「打者がオースティンということもあって、速い打球が来ると思って準備していた。まずは(打球を)捕ればなんとかなると思ってました」。あのワンプレーがなければ――。チームの誰もがそう思ったであろう、超ビッグプレーだった。

 福岡・九州国際大付高校ではエースとして高城俊人(現DeNA)とバッテリーを組み、3年春のセンバツは準優勝、夏の甲子園にも出場した。ドラフト3位で2012年に楽天に入団したと同時に、投手から内野手へ転向した。19年の7月に下水流との交換トレードで広島入り。昨季は広島で43試合に出場した。投手出身の強肩と安定した守備力を武器に、開幕一軍の切符をつかんだ。三好にとっての今季ワンプレー目で、最高のプレーを生み出した。開幕戦勝利の陰のMVPといっても過言ではない。

写真=BBM