西武 中村剛也、四番が本領発揮

西武 中村剛也、四番が本領発揮

 ついに出た! 4月12日の楽天戦(Koboパーク宮城)の6回一死で打席に入った中村剛也内野手は青山の真ん中フォークを左中間席へ運んだ。うれしい今季第1号は9試合目に飛び出した。「いい形でとらえられた」と笑顔の中村は9回の第6打席で“おかわり弾”。一死一、二塁から今野の真ん中ストレートを強振すると左翼席へ。10対3の大勝に貢献した。

 今季は開幕から高アベレージも保ち、4月13日現在、打率は.382。状況によって軽打を見せるなど、柔軟なバッティングが目立っている。近年にないくらい体調もいい。獅子の四番のさらなる大爆発が期待できそうだ。

関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索