【世代別ベストナイン】「〜1915年」プロ野球の礎を築いた“最古参世代”

【世代別ベストナイン】「〜1915年」プロ野球の礎を築いた“最古参世代”

プロ野球史を彩ってきた数多くの名選手たち。生まれた世代ごとに週刊ベースボールONLIN編集部がベストナインを選定して、“史上最強世代”を追いかけてみる。

明治から大正初期に生まれた名選手から



タイガース・景浦将

 生まれた年度ごとに選手たちを分けて、ベストナイン形式で追いかけていく企画。連載の皮切りに、いきなり異例の編成からスタートする。プロ野球草創期は世代ごとでは選手の母集団が少ないこともあり、1915年までに生まれた選手たちからベストナインを選出してみた。レジェンドの中のレジェンドが集まる“最古参ドリームチーム”だ。

【1915年までに生まれた選手のベストナイン】
※()内は所属チームと生まれた年。ただし同年4月2日から翌年の4月1日生まれ。

投手 若林忠志(阪神ほか。1907)

捕手 ハリス(イーグルスほか。1908)

一塁手 松木謙治郎(阪神。1908)

二塁手 苅田久徳(東京セネタースほか。1909)

三塁手 水原茂(巨人。1908)

遊撃手 杉浦清(中日。1914)

外野手 坪内道則(大東京ほか。1914)

    中島治康(巨人ほか。1909)

    岩本義行(松竹ほか。1911)

指名打者 景浦将(タイガース。1915)

(阪神は1936年から39年までが「タイガース」、40年から「阪神」。東京セネタースは戦後のセネタースとは別チーム)

 現在でこそ人気スポーツとなったプロ野球だが、最初は“職業野球”と蔑まれていた。そんなプロ野球を盛り上げ、長く続く礎を築いた名選手が並ぶ。当時はなかった指名打者制を採用してみると、阪神の創設期を彩った“二刀流”景浦将の存在に夢がふくらむ。首位打者と最優秀防御率を獲得した景浦だが、ここでは投手としては温存して、指名打者として打点王2度の打撃に集中してもらおう。

タイガース勢が投打の中心



阪神・若林忠志

 ベストナインには“七色の変化球”で通算200勝にも到達した右腕の若林忠志を置いたが、戦死したため通算成績こそ及ばないものの、“酒仙投手”西村幸生でもいい。

 対照的なタイプで、ロイド眼鏡の風貌から“銀行屋”とも呼ばれた御園生崇男もいて、制球力抜群の頭脳派。このタイガース勢による三本柱に加え、41年に30勝を挙げた森弘太郎(阪急ほか。15年生まれ)、荒れ球で2度のノーヒットノーランを達成した亀田忠(イーグルス。12年生まれ)などもいて、これに景浦も加われば、まさに“夢の投手王国”。

 これを受けるのが強肩強打でトリックプレーのハリスだから、かなりアクの強いバッテリーだ。

 守備も盤石だ。内野では「苅田の前に苅田なく、苅田の後に苅田なし」と評された名二塁手の苅田久徳、外野では“野球名人”坪内道則(道典)が筆頭格。三塁の水原茂も強肩を誇り、遊撃の杉浦清も中京商3連覇を支えた名手だ。強打者の中島治康も、たびたびファインプレーを見せた外野手だった。

 打線は“神主打法”の岩本義行、日本初の三冠王で悪球打ちの中島、フルスイングの景浦と、タイプが異なる最強クリーンアップが完成。俊足の坪内や苅田が塁に出ていれば、たちまち得点につながりそうだ。

 左打者は一塁手の松木謙治郎だけなのが難点だが、中根之(イーグルスほか。10年生まれ)、岡村俊昭(南海。12年生まれ)ら左打者も控えている。慶大で人気を博した左の山下実(阪急ほか。06年生まれ)や右の宮武三郎もいる。

 代走や守備固めで使うのがもったいないのが山田伝(阪急。13年生まれ)。ヘソの前で外野フライを捕球して“ヘソ伝”と呼ばれた人気者で、投手としても勝ち星を挙げているから、いざとなれば救援のマウンドにも立てる。伝説となった男たちが分厚い層を形成する、まさに“ドリームチーム”だ。

写真=BBM

関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索