【背番号物語2019】「#47」工藤をルーツとする左腕の系譜も本家はレジェンド右腕

【背番号物語2019】「#47」工藤をルーツとする左腕の系譜も本家はレジェンド右腕

背番号は、ある選手が引退しても、またある選手に受け継がれていく。2019年も新たな後継者が誕生した。その歴史を週刊ベースボールONLINEで振り返っていく。

工藤がいた4チームは左腕がリレー



西武・工藤公康

 現役でも左腕が多数派の「47」。左腕のナンバーとして定着させたのが、現在はソフトバンクの監督を務める工藤公康だ。西武1年目に「47」を与えられ、ダイエー、巨人、横浜、そして西武と、29年をかけて渡り歩く。そのうちダイエー移籍2年目までと西武での現役最晩年を除く26年を「47」で過ごした。西武では帆足和幸が継承。ダイエーからソフトバンクにかけては杉内俊哉を経て移籍してきた帆足がリレーした。

 1年目の堀内庄が着け、木田優夫らが継承して右腕のイメージがあった巨人でも、左腕の山口鉄也が育成出身のセットアッパーとして新たな輝きを加え、岩隈久志に「21」を譲った吉川光夫が迎えた2019年に後継者となった。DeNAではメジャー1年目のメッツでも着けていた尚成(高橋尚成)を経て砂田毅樹が継承。山口と同様、育成から這い上がった左のセットアッパーだ。

 工藤がプロ野球を代表する左腕に成長した1990年代、山本昌ら左腕の多かった中日にいたのが野口茂樹。99年に19勝を挙げてリーグ優勝に貢献、MVPに輝いて、日本シリーズで工藤のいたダイエーと激突している。

【12球団・主な歴代「47」】
巨人 堀内庄、木田優夫、工藤公康、山口鉄也、吉川光夫☆(2019年〜)

阪神 小山正明、嶋尾康史(慶一)、伊藤敦規、山本翔也、川原陸☆(2019年〜)

中日 前田益穂、関東孝雄(孝夫)、野口茂樹、松井雅人、笠原祥太郎☆

オリックス 今西錬太郎、岡田幸喜、村上信一、日高剛、海田智行☆

ソフトバンク 広永益隆、工藤公康、杉内俊哉、帆足和幸、高橋純平☆

日本ハム 田中調、坂巻明、島田直也、関根裕之、田中豊樹☆

ロッテ 小山正明、欠端光則、右田一彦、礒恒之、田中靖洋☆

DeNA 小山正明、三浦道男、竹下浩二、工藤公康、砂田毅樹☆

西武 和田博実、工藤公康、細川亨、帆足和幸、カスティーヨ☆

広島 久保俊巳、金石昭人、秋村謙宏、青木高広、山口翔☆

ヤクルト 大橋一郎、度会博文、前田浩継、赤川克紀、高橋奎二☆

楽天 ラス、松崎伸吾、上園啓史、大塚尚仁、渡邊佑樹☆
(☆は2019年)

小山の2チームでは右腕の系譜



阪神・小山正明

 居並ぶ左の好投手を圧倒する結果を残した「47」は、右腕の小山正明だ。テスト生として53年に阪神へ入団、「49」から「6」「14」と背番号を変えてきたが、故障もあって伸び悩み(それでも2ケタ勝利は挙げているのだが)、初心に戻る意味で58年に40番台の「47」を着けると、初の大台を超える24勝。卓越した制球力で「針の穴を通す」と言われ、リーグ優勝に貢献した62年には27勝で沢村賞、山内一弘との“世紀のトレード”で64年に移籍した東京(のちロッテ)でも「47」を着けて、1年目から30勝で最多勝に。大洋で引退するまでの16年間「47」を背負い続けた。

 積み上げた勝ち星は320勝。左右を問わず、「47」の好投手たちにとっての“総本山”というべきレジェンドだ。

 小山が長くプレーした阪神とロッテは右腕が多い。阪神にはリリーバーの伊藤敦規がいて、ロッテもほぼ右腕の系譜だ。ただ、阪神では工藤よりも前に「47」を着けた藤原仁が左のワンポイントとして印象を残したこともあり、19年は新人で左腕の川原陸が新たに継承。一方、工藤が監督として率いるソフトバンクではドラフト1位で2016年に入団した右腕の高橋純平が着けている。

写真=BBM


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索