日本ハム、本拠地の札幌移転が明らかに(2002年3月20日)

日本ハム、本拠地の札幌移転が明らかに(2002年3月20日)


当時の日本ハム選手会会長だった岩本勉

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2002年3月20日だ。

 この日、球界に激震が走った。北海道新聞と系列の道新スポーツが「日本ハム、札幌移転、04年目標に計画」と報じた。その情報は一気に日本全国を駆け巡り、関係者は確認に追われた。

 桂信雄・札幌市長は「前年秋に日本ハム球団から内々に、04年移転について検討したいとの話があったのは事実」と証言。日本ハム球団の小嶋武士球団社長も、東京・六本木の球団事務所で緊急会見に応じ、「かねてから北海道に来てほしいという要請はあった。いろいろな角度から検討して具現化した矢先に報道があった。球団としては前向きに対応してきた」と報道を肯定。一気にフランチャイズ移転が現実味を帯びた。

 東京から札幌へのフランチャイズの移転。身売りを経ての移転はあったが(クラウン・福岡→西武・埼玉、南海・大阪→ダイエー・福岡)、親会社が変わらないフランチャイズ移転は、オリックスが91年に西宮から神戸に、92年にはロッテが川崎から千葉に移転したように近隣都市への移転で、選手などにはあまり影響がなかった。

 選手の間にも動揺は広がった。選手会長の岩本勉は、「地元意識が高まってファンが増えるので、興行的にはいいと思う」。奈良原浩も「選手である以上、移転してもそこでプレーするだけ」と冷静な立場をとったが、ベテランの田中幸雄は「なぜ(開幕を控えた)今の時期にこんな話が出るんでしょう」と開幕に向けた大事な時期での衝撃に驚きを隠せなかった。

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索