清原和博が王を超える史上最年少で200本塁打に到達(1992年6月26日)

清原和博が王を超える史上最年少で200本塁打に到達(1992年6月26日)


通算200本塁打を放ち、笑顔でダイヤモンドを一周した清原

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1992年6月26日だ。

 この日行われたオリックス戦(西武球場)で西武・清原和博が最年少記録を樹立した。1回裏、伊藤敦規から14号2ランを放ったが、これが通算200号。王貞治(巨人)の25歳4カ月を上回る24歳10カ月での到達となった。

 高卒新人最多の31本塁打を放ち、鮮烈なデビューを飾った清原。通算100号、150号でも最年少でゴールインしていたが、世界記録868本塁打を放った王より、6カ月も若い時点で200号にたどり着いた。

 ハイペースでホームラン人生を歩み、「王さんの記録を塗り替えた、ということが一番うれしい」と、満面の笑みを浮かべた清原。試合前、「今日打つから」と宣言しての予告アーチでもあった。

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索