中日・西沢道夫監督電撃退任/週ベ回顧

中日・西沢道夫監督電撃退任/週ベ回顧

 昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

広島にも1千万円プレーヤー誕生



表紙は中日・江藤慎一

 今回は『1968年1月29日号』。定価は60円。
 
 1月17日、中日・西沢道夫監督が十二指腸潰瘍で突然の退任を発表した。
 西沢は年末12月26日のコーチ会議を最後にほぼ自宅に引きこもり、球団の新年行事をすべて欠席。「西沢はチームを投げ出すのでは」というウワサはすでに出ていた。

 チームのレジェンドだが、気が優しく、監督には向いていないと言われていた。今回は病気に加え、球団内の人事がばたつき、西沢を支援していた役員の退陣も背景にあったようだ。
 後任は東映監督をやめた水原茂も有力とされたが、水原が「TBSやスポニチとの契約を破って中日監督になるつもりはない」と発言。杉下茂登場になりそうだ。

 西鉄で首脳陣批判をした田中勉の中日への移籍が決まった。広野功との1対1のトレードだが、「ゴネ得のような田中の移籍を認めるべきではない」という声もあった。

 12球団参加報酬全調査という記事があった。12球団最高年俸は巨人・長嶋茂雄で3600万円、2位は同じく巨人の王貞治で3200万円。
 1000万円プレーヤーがいないのはサンケイだけで、最高がロバーツの960万、過去誰も1000万プレーヤーがいなかった広島では、阪神から移籍の山内一弘が1050万円で初の1000万円プレーヤーとなった(数字はすべて推定とのこと)。
 
 では、またあした。
 
<次回に続く>

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索