“平成の怪物”松坂が59年ぶり決勝ノーヒットノーランで横浜が春夏連覇/夏の甲子園名勝負

“平成の怪物”松坂が59年ぶり決勝ノーヒットノーランで横浜が春夏連覇/夏の甲子園名勝負

いよいよ第101回大会を迎える夏の高校野球。1915年、つまり大正4年に始まり、昭和、平成という時代を経て、この夏が令和最初の大会でもある。昨夏、平成最後の大会となった100回までの長い歴史の中で繰り広げられた名勝負の数々を、あらためて振り返ってみる。

横浜、3試合連続の奇跡



1998年夏、決勝でノーヒットノーランを達成した松坂

 1998年のセンバツを制した横浜。春夏連覇を懸けて臨んだ夏の第80回大会では、準々決勝でPL学園と延長17回の死闘を繰り広げたことは紹介した。この試合で250球の完投勝利を収めたのが“平成の怪物”松坂大輔(現・中日)だ。そして明徳義塾との準決勝、6点ビハインドの8回裏に4点を奪い、続く9回表に松坂が救援登板したことで球場の雰囲気が一変、その裏に横浜がサヨナラ勝ちしたことも紹介した。2日連続の奇跡。そして迎えた決勝、奇跡は3日連続で起きる。

 対する京都成章は夏2度目、春夏を合わせて3度目の出場。仙台との1回戦で甲子園初勝利を挙げると、2回戦で如水館、3回戦では桜美林と次々に下し、準々決勝で常総学院、準決勝でも豊田大谷を撃破して、決勝へとコマを進めた。エースの古岡基紀は5試合すべてで完投勝利。1人で京都成章のマウンドに立ち続けてきた左腕だ。

 一方の松坂は、まだ疲労が残っている中で決勝のマウンドに上がった。1回表、先頭打者の沢井芳信が放った打球は、三塁への痛烈な当たりに。これを三塁手の斉藤清憲が体を張って止めて、三ゴロに。松坂は三振を狙って取りにいかず、「今日は打たせていこう」と気持ちを切り替えた。

 その裏から古岡も完璧な投球で、3回裏まで3イニング連続の三者凡退。1回表一死から四球で走者を出しながらも併殺で切り抜けた松坂も、2回表から4回表まで3イニング連続三者凡退と、試合は投手戦の様相を呈し始めた。だが、4回裏に試合が動く。疲労困憊なのは松坂だけではなかった。この日、古岡が許した初安打は、痛恨の一撃となる。

 一死から二番の松本勉が自信の初本塁打となるソロを放って、横浜が先制。続く5回表を松坂が3者三振で斬って取ると、その裏にも横浜は1点を追加。リードを2点差に広げて、力投する松坂を援護した。

「最後は三振を狙う」


 松坂は6回表も三者凡退。7回表には振り逃げで、8回表には先頭打者に四球を与えて走者を背負うも、後続を断つ。8回裏には先頭打者の松坂が中安打を放ち、犠打で二進。試合開始早々に好守を見せた斉藤清の中間打で生還して、ダメ押しの追加点を挙げる。

 そして、その裏。松坂は捕手の小山良男(のち中日)と、「最後は三振を狙う」と決めていたという。二死から四球の走者を許すも、三番の田中勇吾を空振り三振。史上5校目の春夏連覇は、59年ぶり史上2人目となる松坂の決勝ノーヒットノーランで達成された。


1998年(平成10年)
第80回大会・決勝
第17日

京都成章 000 000 000 0
横浜   000 110 01X 3

[勝]松坂
[敗]古岡
[本塁打]
(横浜)松本

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索