中日・宇野勝ヘディング事件(1981年8月26日)

中日・宇野勝ヘディング事件(1981年8月26日)


ショートフライを捕れず、頭に打球を当てた宇野

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1981年8月26日だ。

 その瞬間、中日の星野仙一はグラブをグラウンドにたたきつけた。この日、後楽園で行われた巨人対中日戦。2対0と中日リードで迎えた7回裏、二死二塁からそれは起こった。巨人の代打・山本功児の放った打球はショート後方へのポップフライに。ところがショートの宇野勝は目測を誤って、頭部右側に打球がゴツン。打球は勢いよくはねて、左翼線へ転々と転がっていった。

 頭を抱える宇野。予想外の事態に、慌ててカバーに走る左翼・大島康徳。二塁走者・柳田真宏が生還し、巨人が2対1と1点差に迫ったが、山本は本塁で刺された。

 この“事件”がスポーツニュースの『珍プレー好プレー』コーナーに登場。宇野は全国区の人気者になった。遠征用のバッグにユニフォームを入れ忘れ、コーチのものを借りて試合に出たり、前の走者を追い越したり、と“宇野伝説”は今なお多く語り継がれている。

写真=BBM


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索