潜航する男たち

潜航する男たち

サブマリンは大舞台で輝く



日本シリーズ第2戦で勝利投手となったソフトバンク・高橋礼

 ボールは上から投げたほうが速いに決まっている。制球だって安定するはずだ。
 それをあえて下から投げる。
 前提からしてアンダースローは異質な存在だ。

 以前の取材で、元阪急・山田久志氏がこう話していたことがある。
「アンダーハンド(アンダースロー)は自分で投げて、つくって、練り上げていく投げ方なんです。オーバーハンドには投げ方にある程度決まりがあって、だから投げ方が同じピッチャーが多いでしょ。でも、アンダーハンドで同じ投げ方をするピッチャーはまずいない。フォームもリリースポイントも、その人によって違う。自分で覚えて、自分で決めるんです。自分の感覚でしか決められないんです」

 アンダースローでは史上最多、通算284勝を挙げた山田氏は、漫画『ドカベン』の里中智のモデルともなった美しくも力強いフォームでファンを魅了した方だ。
 米球界の関係者からは「ミスター・サブマリン」と言われていたという。

 確かにアンダースローといってもいろいろだ。地面ぎりぎりからのリリース、サイド気味の腕の軌道、体の軸も真っすぐ立っているか、傾くか……。
 ただ、大雑把ながら、共通するキーワードはある。
「自分のリズムがある」。そして、「大舞台に強い」だ。

 今回のプレミア12で投手陣のキーマンの一人に挙げられるのが、ソフトバンクの2年目、12勝を挙げた高橋礼だ。現在、日本のアンダースローの第一人者と言っていいだろう。

 本日発売の「週刊ベースボール」で、日本一決定直後の高橋に取材したインタビューを巻頭から掲載している。
 対巨人日本シリーズでは第2戦(ヤフオクドーム)に先発し、勝利投手となり、試合後、「大きな舞台で注目される中で、アンダースローはこういうものと見せられてよかった」と話し、自身のスタイルへの、強いこだわりを感じさせた。
 彼もまた、前述の2つのキーワードを共有する男だ。

 日本シリーズは、内容もとんでもなく素晴らしかった。
 7回二死まで無安打無失点。結局、7回1安打無失点で交代となったが、最速は140キロも、シンカーとテンポの早い独特の投球で、試合を完全に支配していた。
 テンポの早さは、先輩のアンダースロー、元ロッテの渡辺俊介、西武にいた牧田和久を思い出させるも、188センチの長身は、過去を振り返っても比べる存在はない。

 少し歴史も振り返ってみる。
 かつてアンダースローは、各球団に複数人いた。中には、高校時代、同タイプがチーム内にいたことで転向させられたという選手も少なくなかった。
 1990年代以降、右投げ左打ちが一気に増えたが、その前は、どのチームも左打者は2、3人というところか。
 そんな時代の中で、アンダースロー自体が「対右打者」に特化し、進化したものでもあった。
 右打者の背中方向からリリースされ、オーバースローとはまったく違う、浮き上がるような軌道でボールが来る。
 どうしたって右打者は体が開き、しかも目線が下から上に動く。

 ただ、だ。逆に言えば、左打者に対しては腕、球の軌道が見やすいフォームでもある。左バッターが増えるにつれ、アンダースロー投手が減ったのも必然と言える。

 90年代、いわば“潜航”時代にもいなかったわけではない。
 ヤクルトの守護神・高津臣吾は、魔球シンカーを武器に日本シリーズで11試合に投げ、2勝8セーブで防御率0.00と完璧に抑え込んでいる。
 ただ、高津の場合、どちらかと言えば、サイド気味でもあった。

 リアル・アンダースローの復権は、2005年にブレークしたロッテの渡辺俊介だろう。史上最低空とも言われたリリースポイントで、球自体は遅く、変化球も極端な変化をするわけでないのだが、同じフォームからの緩急の付け方が絶妙だった。
 その後、西武・牧田和久がリリーフとして台頭し、海を渡った。

 アンダースローの利点として、打者の不慣れがある。数が少ないということは、当然、打者の対戦経験も少なく、慣れるに時間がかかり、日米野球や、違ったリーグの対決である日本シリーズではジョーカー(切り札)となることが多い。

 例を挙げていくなら、古くは、日米野球で完投勝利もマークしている巨人・大友工だ。53年、南海との日本シリーズで2勝を挙げ、日本一に貢献。サイド気味ではあったが、大洋が4連勝を飾った60年日本シリーズで全試合に投げ、2勝を挙げた大洋・秋山登もいる。

 球団別ではチーム内に先発で二枚そろっていたのが、山田がいた阪急だ。
 若手時代から力押しだった山田と好対照に、シンカーを武器にかわすベテランの足立光宏がいた。もちろん、足立も最初からベテランだったわけではなく、若手時代は、ほぼ真っすぐだけで押した時代もあったというが、印象は阪急黄金時代にあったベテラン期のほうが強い。

 山田は自身と足立の違いについて「手首を立てて投げるかどうか」だと言っていた。手首を寝かす足立は、スピードこそ出づらいが、シンカーが落ちやすいという。山田は、自分のフォームのままシンカーを投げるために、フォークのようにボールをはさむなど、いくつかのパターンを生み出し、勝負球とした。

 巨人のV9と重なったこともあり、日本シリーズでは6勝9敗の山田には、負け試合ながら忘れられない名勝負もある。
 71年巨人との日本シリーズ3戦目だ。完璧なピッチングで1対0のまま9回裏二死となるも、王貞治にサヨナラ3ランを浴び、マウンドでうずくまった。

 対して足立は「日本シリーズ男」と言われた。
 日本シリーズ通算26試合登板で9勝5敗。防御率自体は大したことがないのだが、ここぞのときに締めた。

 語り継がれるのが、76年対巨人日本シリーズ第7戦だ。巨人は3連敗から3連勝、しかも第6戦は0対7からの逆転サヨナラ勝ちだ。
 異様なまでの熱気に包まれていた第7戦の舞台、後楽園。ここで先発したのが足立だ。彼は巨人への大声援を耳にしながら「騒ぐなら騒げ」と淡々と投げ、2失点完投で胴上げ投手になっている。

 以前、足立に話を聞いた際、巨人の看板であるON、王貞治、長嶋茂雄との対戦について、こう言っていた。
「76年はもうONも1人だけやったから楽よ(長嶋は監督)。全部フォアボールで出せばいい。それがダメなら5の力で投げればいい。10の力、12の力で投げるから悪いんや。ホームランさえ、打たれなええと、『あんたが大将』と思って投げりゃいい(笑)。ほかはみんな並みのバッターや。そっちで勝負したほうが楽に決まっている」

 では、締め。ここまで歴代屈指の偉大なアンダースローに触れなかったのは、最後に使いたかったからだ。
 ソフトバンクの前身、南海の杉浦忠である。彼が伝説になったのは59年。当時、杉浦は立大からプロ入り2年目、ソフトバンクの高橋も専大から入団2年目と共通点もある。

 杉浦は外角と思い、左打者が踏み込んでスイングした球が腹に当たったという横のカーブもあったが、主体は真っすぐだ。「右打者インハイが生命線。うぬぼれていたかもしれないが、きちんと決まれば打たれたことはない」とも言っていた。

 59年、対巨人との日本シリーズでは、第1戦でできた血マメが2戦目で破れたが、それでも連投。日本一を決めた4戦目は完封だった。
 南海が4戦全勝で日本一を決めたシリーズだが、杉浦は、そのすべてで勝利投手になっている。
 4戦目の後、記者に囲まれた際、「ひとりで泣きたい」と話したという逸話もあるが、本人は「さあ、言ったような言わないような」と静かな笑顔で話していた。

 杉浦は、同年のレギュラーシーズンで69試合に投げ38勝4敗、防御率1.40。うち完投は19で、完封9だ。当時はセのみが対象だった沢村賞だが、こんな男がいれば、選考委員も迷うことはあるまい。      
(2019年日本シリーズ決算号より抜粋、加筆)


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る