投げたい気持ちをグッと抑えた2020年ドラフト上位候補右腕【明治神宮大会】

投げたい気持ちをグッと抑えた2020年ドラフト上位候補右腕【明治神宮大会】


2020年、ドラフト上位候補の東海大・山崎は明治神宮大会で登板機会なく、チームは準決勝(対関大)で敗退。試合後は悔しさをにじませ涙を流し、目を真っ赤にさせていた

■明治神宮大会「準決勝」
関大8対7東海大=11月19日(神宮)

 東海大は関大との明治神宮野球大会準決勝(11月19日)で、延長10回タイブレークの末に敗退(7対8)。6月の全日本大学選手権に続き、決勝を目前にして涙をのんだ。

 エース右腕・山崎伊織(3年・明石商高)は3試合、1球も投げずに大会を終えている。

 153キロ右腕は、2020年のドラフト上位候補。今年7月の日米大学選手権では大学日本代表として、3大会ぶり19度目の優勝に貢献した。今秋のリーグ戦では44イニングを投げて自責点1の防御率0.22(4勝0敗)と圧倒的な数字を残している。首都大学リーグ戦では春秋連続でMVPを受賞。伝家の宝刀・スライダーのキレは、球種が分かっていても打てない高いレベルにある。

 明治神宮大会出場をかけた関東学院大との関東代表決定戦初戦(2回戦)で、8回途中3失点。上武大との準決勝で5回無失点と本大会出場へ導いて以降、マウンドから遠ざかった。疲労性による右ヒジの違和感。大会本番に向けて調整を続けてきたが、キャッチボールのみで、ブルペンには入れず。今大会は大事を取って、登板回避となった。

 山崎は試合後、目を真っ赤にさせて取材スペースへとやってきた。

「悔しいです。4年生が涙を流している姿を見たら……。投げたい気持ちはありましたが、そこはグッと抑えました。来年もありますが、この大会にかけていた。4年生にもお世話になったので……。投げるのは厳しい状態だったので、いつもは応援してもらう側。自分の声、ベンチワークでチームにサポートできるようにしてきました」

 今大会は3試合で19失点。エース不在の戦いはやはり、痛かった。ソフトバンクから2位指名を受けた正捕手・海野隆司(4年・関西高)が懸命のリードも、及ばなかった。

「良いキャッチャーでした。海野さんのほか、4年生は自分を成長させてくれた。春、秋ともベスト4。あと1つ、2つ勝つのは難しい。先(優勝)が見えたところで勝ち切れていない。何が足りないのか? しっかり考えて、成長してここ(神宮)へ戻ってきたい」

 主戦投手として敗戦の責任を感じているが、ここで無理をする必要はない。11月30日からの日本代表候補選考合宿(松山)に選出されているが、準決勝終了後の段階では参加する予定だという。ただ、今年1年における十分なキャリアもあり、あらためて猛アピールする立場の選手ではない気もする。

「(来年は)勝負なので。どれだけできるか。タフさが足りないので、強い体を作っていく。自分に厳しくやっていきたいです」

 今こそ我慢、である。今後の野球人生を見据えれば、最善の選択だった、と振り返るときが必ず来るに違いない。神宮で流した涙を、絶対にムダにはしない。

文=岡本朋祐 写真=菅原淳


関連記事

おすすめ情報

週刊ベースボールONLINEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る