巨人・中川皓太

【巨人2020予想投手スタッフ】
■先発
 菅野智之
△C.C.メルセデス
 A.サンチェス◎
 桜井俊貴
△高橋優貴
 戸郷翔征
△田口麗斗
 古川侑利
 鍬原拓也
 野上亮磨

■中継ぎ
△中川皓太
 澤村拓一
△高木京介
 鍵谷陽平
 田原誠次
 大竹寛
 宮國椋丞
 T.ビエイラ◎
 太田龍◎

■抑え
 R.デラロサ

※△は左投げ、◎は新加入

 山口俊のブルージェイズ移籍もあり、先発ローテーションの座をめぐる争いが激化している。腰痛からの完全復活が期待されるエース・菅野智之、昨季8勝のC.C.メルセデスの2人が大きな柱。これに韓国で昨季17勝を挙げた新外国人のA.サンチェスに大きな期待がかけられている。4番手以降は昨季8勝の桜井俊貴や、ルーキーで5勝を挙げた高橋優貴ら若手が3枠を競う。注目は高卒2年目の戸郷翔征。自らも山口俊の穴を埋めることを宣言している。昨季は主に中継ぎで55試合に登板した田口麗斗も先発再挑戦。かつて2年連続2ケタ勝利の実績もあり、楽しみな存在ではある。

 リリーフ陣は途中加入で8セーブを挙げたR.デラロサがクローザー。ただし、チーム最多登板だった中川皓太もその役割を狙っており(昨季は16セーブ)、この争いもおもしろそう。ほかにも澤村拓一、高木京介、鍵谷陽平と経験豊富な人材がそろい、メンバーは固まっている。新人の190センチの太田龍は即戦力が期待される右腕で、まずは中継ぎで経験を積み、ゆくゆくは先発に転向する流れとなりそう。

写真=BBM