西武・松岡洸希(左)、渡邉勇太朗

 西武は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から外出の自粛が続くなか、チームとファンが一体となって共に乗り越えていこうという思いを込めて「家でもWE ARE ONE プロジェクト」を4月27日に発足した。その一環として、5月2日、選手のパフォーマンスを「食」の観点から支えるライオンズの管理栄養士が監修した「ライオンズレシピ」を、オフィシャルウェブサイト内の同プロジェクトページや球団公式Twitterなどで公開した。

 第1回のレシピは「さばときのこのカレーピラフ」。健康な骨を維持するために必要なビタミンDは、日光を浴びることにより体内で作られるが、外出制限が続く現在、不足しがちな栄養素のひとつ。さばときのこ(ぶなしめじ)にはビタミンDが豊富に含まれており、強い骨を作るのにぴったりな食材だ。

 レシピ動画では作り方のほか、「レオのヒトクチメモ」としてアレンジ方法なども紹介。普段は料理をあまりしない人や、親子でも簡単に作ることができるほか、若獅子寮で実際にこのメニューを食べた渡邉勇太朗と松岡洸希のコメントも掲載している。今不足しがちな栄養素を補う、管理栄養士が監修するライオンズならではのレシピは、全5回にわたって公開する予定だ。

【球団管理栄養士 虎石真弥 コメント】
「外出自粛によって自宅で過ごす時間が長くなっている今、あらためて自分の身体を守る、自分の身体を作る毎日の食を考える機会と言えます。それはスポーツを頑張る子どもたちも同じ。著しい身体の成長に加え、パフォーマンスを高めるための栄養補給を考えてみませんか。そこで、今回はライオンズの選手たちを食からサポートしている球団管理栄養士が、簡単に作れるレシピで、皆さんの身体作りをサポートします。料理は苦手という方も、ぜひチャレンジしてみてください」

西武ライオンズ