一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

西鉄・竹之内雅史、驚異の死球ペース



表紙は巨人・高橋一三


 今回は『1971年6月28日号』。定価は90円。
  
 前年の不振から長嶋茂雄が完全復活し、王貞治、長嶋のON砲を両輪とした巨人が首位を走っていた。
 6月13日の阪神戦では江夏豊から王が18号、長嶋が17号で勝利に貢献。
 特に王は「60本塁打の期待がかかる」と記事の見出しにもあった。
 解説者・金田正一は「ことしの王は間違いなく三冠王になります。理由を説明したら長くなりますから言いませんが、これは僕の勘ちゅうものです。長いこと野球をやってきたおかげで、僕の勘はよく当たるんです」。
 と言っている。
 ただ、実際には、この言葉はロバーツ(ヤクルト)に本塁打数で3本差をつけられたときだった。
 打率も3割ぎりぎりとパッとせず、130試合制の48試合目に18本では、なかなか60本は…とも思う。

 王自身も「やっと6月になって形になってきた」と慎重な口調だった。
 金田の言葉は、かつての盟友、ライバルへのエールも込めて、だったのだろう。

 加えて、何となくだが、巨人、特に王に関しての記事は、この手の過剰な期待が込められたものが増えてきた気がする。

 世間はむしろ「広島ブーム」。5月13日からの10連勝(1分け挟む)で2位に浮上し、6月8日からの対巨人3連戦も2勝1敗と勝ち越した。
 しかも勝ち方がいい。
 8日は外木場義郎が7回二死まで完全ペース。その後、長嶋の2ランは出たが、あとを受けた安仁屋宗八の好投もあって6対2で勝利した。
 9日は0対3でリードされていたが、7回、衣笠祥雄の4試合連続本塁打を口火に8回に逆転し、5対3で勝利した。
 選手の注目は、翌日に5試合連続弾とした衣笠と首位打者争いにも加わっていた水谷実雄。山本浩司(浩二)もクリーンアップに座り、根本陸夫監督の育てた若鯉が躍動していた。

 西鉄ではボレスが任意引退となった。もともと待遇面で文句ばかり言っていた選手だったが、ロッテ戦を無断欠場。事情を聞こうとすると「やめさせてくれ」の一点張りになったという。
 ただ、西鉄には東田正義、竹之内雅史と若き強打者の台頭もあり、「ボレスなんかもういらん」の雰囲気があったことも事実。
 竹之内は体(上半身)を大きくベースに乗り出す独特の構えで、ヒットより死球を量産。一昨年11、前年15はいずれもリーグ最多死球だったが、この年は6月14日時点で早くも13としていた。

 では、またあした。
 GWは意外と暇でした。

<次回に続く>

写真=BBM