西武・渡辺久信

 リーグ優勝8度、日本一6度――。1986年から94年の間、森祗晶監督が率いた黄金時代の西武を振り返ると、がっちり投手力を整備していたことに気づく。采配を振るった9年間のうち、88年(3位)を除き、チーム防御率は常に第1位であった。当然ながら失点も88年以外は必ずリーグ最少であった。その森西武を支えた投手の勝利数10傑は以下だ。

 1位 渡辺久信(88〜94年)106勝81敗
 2位 工藤公康(86〜94年)102勝47敗
 3位 郭泰源(86〜94年) 100勝51敗
 4位 石井丈裕(89〜94年)52勝34敗
 5位 渡辺智男(89〜94年)41勝25敗
 6位 松沼博久(86〜90年)34勝29敗
 7位 潮崎哲也(90〜94年)33勝14敗
 7位 東尾修(86〜88年) 33勝29敗
 9位 鹿取義隆(90〜94年)32勝10敗
 10位 新谷博(92〜94年) 22勝17敗

 トップの3人はいずれも森監督が采配を振るった9年間、西武のマウンドに立ち、通算100勝していた。郭は91年、石井丈裕は92年、工藤は93年のMVPに選ばれている。9位の鹿取は32勝のほかに69セーブを挙げ、こちらは第1位。同2位は潮崎の32セーブだ。

 106勝で最多勝の渡辺久は86年に16勝、88年に15勝、90年に18勝でリーグ最多勝になった。ただし、88年は日本ハムの西崎幸広、松浦宏明とタイで、90年は近鉄の野茂英雄とタイである。

 防御率1位には工藤が87年(2.41)、93年(2.06)と2度ランクされたが、91年には渡辺智(2.35)、94年には新谷博(2.91)も1位になっている。勝率1位には工藤が87年(.789)、91年(.842)、93年(.833)と3度。86年には渡辺(.727)、郭が88、94年(.813、.722)と2度、92年には石井(.833)がなっている。

写真=BBM