阪神・ボーア

 阪神のジャスティン・ボーアが調子を上げている。開幕から18打席連続無安打で球団記録を更新してしまったが、7月に入ってから好調で、気が付けば本塁打と打点はチームトップ。かのランディ・バースも序盤に苦しんだ後に復調し、1年目から目覚ましい活躍を見せたが、果たしてボーアはどこまで成績を伸ばすのだろうか? 偉大な先人バースの1年目成績と比較してみた。

7月に入って急上昇中のボーア


 ボーアの現在の成績は以下のとおり。

試合:16
打率:.250
打席:59
打数:52
安打:13
本塁打:3
打点:9
※2020年7月10日終了時

 開幕から18打席ノーヒットと散々だったが、6月24日のヤクルト戦(神宮)で初安打を記録。6月27日のDeNA戦(横浜)で初打点を記録し、7月1日の中日戦(ナゴヤドーム)では初ホーマーも飛び出した。7月に入ってから成績は急上昇しており、特に7月4日の広島戦(マツダ広島)では4打数3安打、翌5日の同カードは3三振を喫しながらも満塁弾を放ち、4打点を記録。9日の巨人戦(甲子園)でも豪快な一発を放ち、「覚醒した」といっても差し支えないような活躍を見せている。

 ちなみに7月だけの成績でまとめると……。

試合:6
打率:.291
打席:24
安打:7
本塁打:3
打点:8

 これは他チームの強打者たちに匹敵する成績だ。仮に開幕からの不振がなければ広島の鈴木誠也やヤクルトの村上宗隆に迫る数字を残していた可能性もある。

バースはどうだった?



1983年、来日1年目の阪神・バース

 上述のように、レジェンド助っ人であるバースも1年目、1983年の序盤は不調だった。オープン戦で死球を受けて骨折したバースは、4月16日の開幕5戦目で代打起用され公式戦初出場。この打席は三振に終わり、翌17日、20日の試合でも代打で登場するが無安打。そのまま打てない日々が続き、気が付けば助っ人での球団ワースト(当時)となる15打席連続無安打を記録してしまった。

 とにかく打てないバースだったが、5月4日の巨人戦(後楽園)でようやく初ヒットを記録。5月7日のヤクルト戦(神宮)では待望の来日初アーチも飛び出した。現在のボーアと同じ16試合目でのバースは以下のような成績だった。

●バース16試合時点での成績
試合:16
打率:.250
打席:39
安打:9
本塁打:4
打点:9

 バースは1年目に打率.288、35本塁打、83打点と好成績を残しているものの、本格的に実力を発揮し始めたのは6月の半ばから。一時は新外国人獲得のために解雇の危機に陥ったこともある。しかし、この危機を乗り切ったバースは後半戦だけで26本塁打と驚異的な活躍を見せチームに残留。その後のさらなる活躍は皆さんもご存じのとおりだ。

 ボーアは16試合を終えて打率.250、3本塁打、9打点と、かつてのバースと同じような復調ぶりを見せている。そもそもボーアはメジャー92発とメジャー実績ではバースより上だ。このまま調子を上げていけばバースの1年目と同じか、それ以上の成績を残す可能性もある。今回こそ「バースの再来」となるか、ボーアの活躍に期待したい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM