守護神抜擢で日本一に貢献



巨人では思うような結果を残せなかったが、その打撃術は一目置かれていた

 快速球で思い浮かぶのが今季限りで現役引退を表明した阪神・藤川球児だ。打者の手元で浮き上がるような軌道は「火の玉ストレート」と呼ばれ、打者は「分かっていても打てない」と脱帽するほどだった。また、藤川と同様に引退を発表したヤクルト・五十嵐亮太も2004年に当時日本最速タイの158キロを記録するなど剛速球で打者をねじ伏せてきた。ともに球界を代表するリリーバーとして活躍してきたが、この男も全盛期の直球はすごかった。巨人、西武、中日でプレーした河原純一だ。

 河原は県立川崎北高に進学し、3年夏に準々決勝・厚木高戦で相手エース・川村丈夫(現DeNA一軍投手コーチ)と投げ合って延長16回戦の死闘の末に240球で1失点完投勝利を飾る。横浜高、東海大相模、桐蔭学園、慶應義塾、日大藤沢など強豪校がひしめき、「全国一の激戦区」と呼ばれるほど神奈川県の高校野球はレベルが高い。その中で公立同士の戦いにもかかわらず、河原と川村の投手戦は「神奈川の高校野球名勝負」として現在も語り継がれている。

 甲子園出場はならなかったが、県内屈指の右腕として駒大に進学。東都リーグ通算23勝をマークし、3度の最高殊勲選手に輝くなどエースとして活躍し、4年時も日米大学野球で好投して最優秀投手に選ばれた。95年にドラフト1位で巨人に入団すると、1年目から8勝をマーク。うち3完封はすべて阪神戦で「3連続」でもあった。

 その後は右肩痛、右ヒジ痛と度重なる故障で96〜01年までの6年間で計12勝と苦しんだが、02年に就任した原辰徳監督に守護神に抜擢されると、49試合登板で5勝3敗28セーブをマーク。細身の体躯から繰り出されるスピンの効いた快速球は140キロ台前半とほかの投手に比べて球速自体は速くないが、キレ味が違った。手元で伸びる球に打者のバットが空を切る。解説者の掛布雅之氏が「ホームベース上でボールが生きていますね」、江川卓氏が「今日のボールは打てないですね」と絶賛するほどだった。スライダーとのコンビネーションで三振奪取率が高く、日本一に大きく貢献した。

 マウンド上で喜怒哀楽を表さない振る舞いで「鉄仮面」と形容されたが、毅然とした姿に貫録が漂っていた。だが、輝きが長く続かない。翌03年以降は守護神で結果を残せず、05年オフに後藤光貴との交換トレードで西武に移籍。西武ではケガもあり目立った結果残せず、07年オフに戦力外通告を受けた。12球団合同トライアウトへ参加するも獲得球団は現れず。当時32歳だった。

浪人生活を経て中日で復活



09年、テストを経て中日に入団した

 河原はこのまま終わらなかった。駒大の恩師・太田誠元監督に身の振り方を相談。母校の理解を得て、駒大野球部の施設で練習をさせてもらえることになった。とはいえ、プロとアマの壁は気になる。学生と一緒に汗を流したわけではなく、部の練習時間とはずらし、一人でひたすら走った。狙うは08年秋のトライアウト。しかし受験前に駒大の先輩でもある中日・森繁和チーフコーチが「テストを受けに来ないか」と声をかけてくれた。落合博満監督も見守る前で河原は投げ、その場で入団が内定した。

 09年、推定年俸600万円で入団。落合監督は「河原には経験がある。それならどこかで使わないと。使うなら一番苦しいところで投げさせればいいんだよ」と言ったが、河原はその期待に応え、移籍1年目は44試合登板で3勝15ホールド、防御率1.85と救援で抜群の安定感を見せた。11年限りで中日退団後は独立リーグ・愛媛でプレー。15年は右肩痛でシーズン開始直後に練習生に降格し、公式戦登板なしで現役引退を発表した。

 NPB通算275試合登板で31勝42敗40セーブ27ホールド、防御率4.26。全盛期の直球は美しかったが、故障に苦しんだ時間のほうが長く、2度の戦力外通告を受けた。浪人生活も味わった。試練にも心が折れず42歳まで現役を全うしたのは野球が、投げることが心から好きだったのだろう。愛媛の監督に17年から就任して今年が4年目。独立リーグ日本一とNPBに多くの選手を送り込むことが目標だ。

写真=BBM