永遠のライバル球団である巨人と阪神。過去にこの2チーム両方に所属した外国人選手はわずかに2人がいる。1人はジョージ・アリアスで、オリックスから阪神に移籍して活躍した後に、メキシカンリーグを経て2006年巨人に入団した。では、アリアスより先に、「プロ野球で初めて阪神と巨人の両チームに所属した助っ人」は誰だったか覚えているだろうか?

暗黒期の阪神に入団した迷助っ人



阪神時代のメイ

 1998年3月、阪神が新しい助っ人投手の入団を発表した。その選手の名前はダレル・メイ。彼こそが、後にNPB史上初となる阪神と巨人の両チームに所属することになった選手だ。

 1992年のドラフトでブレーブスに入団したメイは、そこでは目立った活躍はできなかった。しかし、エンゼルスに移籍後の1997年は先発候補として期待され、29試合に登板。結果は2勝止まりだったが、今後を期待される若手の1人だった。一方、1990年代に入り不振を極める阪神は、チーム再建のために年齢の若い助っ人を求めていた。そこで、当時25歳で今後の「伸びしろ」に期待できるメイに白羽の矢が立ったというわけだ。

 期待の若手助っ人ということで期待されたメイだが、二軍で17イニングを投げて19被安打11失点とまったく使い物にならなかった。しかし、この年は湯舟敏郎など一軍の先発左投手が相次いで離脱したため、同じ左のメイを一軍に昇格せざるを得ない状況に陥る。

 期せずして一軍昇格を果たしたメイは、球速は140キロそこそこながら、鋭い変化球を武器に安定した投球を披露。二軍登板時とは別人のような投球で、6月6日の横浜戦(札幌円山)で来日初勝利を挙げると、そのまま先発ローテーションに定着。エース・籔恵一とともに阪神投手陣をけん引した。ところが、当時の阪神はいわゆる暗黒期で、メイは好投しながらも貧弱な打線のおかげで満足な援護が受けられず、1年目は4勝(9敗)しか挙げることができなかった。

2年目で数々の騒動を起こしたメイ


 2年目は野村克也氏が阪神の監督に就任。リーグ上位を目指し、前年に好投したメイにも大きな期待が掛けられた。しかし、シーズンの半ばからメイの「問題児ぶり」が徐々に浮き彫りになっていく。

 特に巨人戦では、松井秀喜に故意と思われるデッドボールを与える(1999年5月29日)、判定に怒って審判の胸を小突く(1999年7月18日)など、今も双方のファンの記憶に残るトラブルを起こした。このうち、後者の事件は審判に暴力行為を行ったとして2週間の謹慎処分が下される。しかし、ここでおとなしく謹慎しないのがメイ。なんと謹慎期間中に「歯の治療をする」とうそをつき、恋人と海外旅行に行ってしまったのだ。

 この年の阪神は最終的に最下位に沈んだものの、シーズン半ばまで上位争いをしており、メイの騒動はチームの上昇ムードに水を差すこととなった。そのため、野村監督はメイを激しく非難。これに対してメイは逆切れし、両者は激しく対立することとなった。

球史に残る「ビラ撒き事件」


 監督批判をするメイに対し、野村監督は二軍行きを告げる。いわゆる懲罰のような形だが、これに対してメイはさらに激怒。なんと一軍が遠征している間に、英語で野村監督への批判をつづったプリント用紙を記者団に対して配布。さらには自分を自由契約にするようアピールするという行為に出たのだ。

 さすがに球団もこの蛮行を看過できず、メイには年俸の20%に当たる罰金1200万円と無期限出場停止という重い処分が下され、1999年8月12日に事実上の退団となった。

 しかし、このまま終わらないのがダレル・メイ。その年の12月1日に、巨人が1億5000万円という好待遇でメイを獲得したと発表したのだ。松井にデッドボールを食らわせるなど巨人ファンにとっては憎むべき存在だが、左投手不足に悩んでいた当時の巨人からするとぜひとも欲しい存在だったという。

 巨人ファンだけでなく阪神ファンもこれには驚いた。球団に対してトンデモ行為を行ったとはいえ、まさか永遠の宿敵である巨人に移籍するという離れ業をやってのけるとは誰も予想できなかっただろう。ともあれ、これでNPB史上初となる、阪神と巨人の両チームに所属した助っ人の誕生となった。

阪神に対しては憎しみむき出しだったメイ



巨人時代のメイ

 阪神時代は2年で10勝、数々の問題行動を起こしたこともあり、巨人入りを疑問視する声も少なくなかった。ところが、メイは巨人加入1年目にいきなり12勝を挙げてリーグ優勝に貢献。翌2001年も10勝をマークし、先発の一角を見事に務めた。

 特に阪神戦では、かつての憎しみをぶつけるような際どい投球を連発。今でも語り草なのが、2000年6月7日の試合での出来事だ。この試合で先発したメイは、3回続けて打席を外した阪神・和田豊に対し、和田の背中側を通すようなボールを投じた。当然ながら危険球と判定され、メイには10日間の出場停止と罰金が課せられた。試合後にわざと狙ったのかと問われたメイは「狙った」と答え、これも問題となった。

 その後、メイはメジャー復帰を求めて2001年限りで巨人を退団。ロイヤルズ、パドレス、ヤンキースと渡り歩き、2006年に現役を引退した。

 阪神の歴代の助っ人の中でもトップクラスの問題児だったダレル・メイ。しかし、そのピッチングは確かなものであり、チーム状況が違っていれば、球史に残る助っ人投手になっていた可能性もある。ただ、その場合は巨人に移籍することはなく、阪神・巨人の両方に所属した最初の助っ人にはなれなかったかもしれない。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM