チームの中心選手として将来を嘱望されたドラフト1位の選手たちだが、その道のりは十人十色だ。アマチュア時代、新人で活躍した時の輝きを取り戻せない選手も少なくない。能力は高いだけにきっかけをつかめば、野球人生がガラッと変わる可能性も。苦しい試練を乗り越えた「ドラ1」たちの勇姿に期待したい。
※は2020年の成績


日本ハム・清宮幸太郎

・日本ハム
清宮幸太郎(プロ4年目) 
※96試合出場、打率.190、7本塁打、22打点

 早実で史上最多の高校通算111本塁打をマークした「和製ベーブ・ルース」。ドラフトでは高校生史上最多の7球団が競合した。高卒1年目から3年連続7本塁打をマークしているが、停滞している感が否めないのは期待の高さゆえか。同期入団のヤクルト・村上宗隆は球界を代表する長距離砲として活躍。水を開けられたが、今季は覚醒のシーズンにしたい。


ソフトバンク・田中正義

・ソフトバンク
田中正義(プロ5年目) 
※一軍登板なし

 創価大3年時にNPB選抜を相手に7者連続三振の衝撃的な快投で名を知らしめた。ドラフト1位指名で5球団が競合し、ソフトバンクのエースと期待されたがプロ4年間を終えて白星なし。右肩、右ヒジ痛に見舞われて背水の陣を迎えている。素材は超一級品と誰もが認めるだけに、このままでは終われない。


ロッテ・佐々木千隼

・ロッテ
佐々木千隼(プロ5年目) 
※5試合登板、0勝0敗、防御率8.31

 サイドスローに近いスリークォーターから150キロを超える直球、シンカーなど多彩な変化球を武器にドラフトでは「外れ1位」で史上最多の5球団が競合。だが、右肩、右ヒジの故障に見舞われて満足に投げられた時期が短い。1年目は4勝、3年目は2勝、4年目の昨季は未勝利と存在感が薄くなっている。今年は与えられた役割で信頼取り戻したい。


西武・今井達也

・西武
今井達也(プロ5年目) 
※19試合登板、3勝4敗、防御率6.13

 150キロを超える威力十分の直球は球界随一。2019年はチームトップの22試合に先発登板して7勝9敗、防御率4.32と先発ローテーションで1年間稼働した。エースとして期待された昨季だったが、先発で打ち込まれる登板が続き、ファーム降格を経験。防御率も大きく悪化した。変化球の精度をどれだけ磨けるかがカギを握る。


楽天・藤平尚真

・楽天
藤平尚真(プロ5年目) 
※1試合登板、0勝0敗、防御率――

 名門・横浜高で1年秋からエースの座を射止めた大型右腕は、入団1年目の17年に8試合登板で3勝4敗、防御率2.28をマーク。2年目も4勝を挙げたが、その後はファーム暮らしが長くなっている。昨年は1試合登板で、先発してわずか7球で危険球退場。先発枠の競争は熾烈だが、2月の春季キャンプから存在をアピールしたい。


オリックス・後藤駿太

・オリックス
後藤駿太(プロ11年目) 
※23試合出場、打率.120、0本塁打、1打点

 外野で俊足を生かした広い守備範囲と強肩は他球団の首脳陣、選手からの評価が高い。レギュラーに定着すればゴールデン・グラブ賞は間違いないだろう。2013年から5年連続100試合以上出場したが、近年は若手の台頭で出場機会が減少している。昨季の23試合出場はプロ入り最少。27歳とこれから脂が乗りきる時期で、まだまだ老け込む年ではない。

写真=BBM