トヨタ自動車・栗林良吏

 26日、2020年プロ野球ドラフト会議が行われ、広島東洋カープが1位でトヨタ自動車・栗林良吏を指名し交渉権を獲得した。

■プロフィール
名前:栗林良吏(くりばやし・りょうじ)
ポジション:投手
生年月日:1996年7月9日
身長・体重:177cm80kg
投打:右投右打
所属:トヨタ自動車
経歴:勝幡小(勝幡ドラゴンズ) - 佐織中(愛知藤華クラブ) - 愛知黎明高 - 名城大 - トヨタ自動車

 2年越しの指名をつかんだ即戦力右腕。勝幡小2年時に勝幡ドラゴンズで野球を始め、佐織中では愛知藤華クラブに在籍。愛知黎明高では2年夏の県大会準優勝が最高成績。3年夏の県大会は5回戦敗退。名城大では1年春から登板し、愛知大学リーグ通算32勝。2、3年時に明治神宮大会に出場し、3年時は大学日本代表。4年時にはプロ志望届を出したものの、3位以下では社会人行きを公言していたため指名漏れ。19年に入社したトヨタ自動車では主戦として活躍。社会人野球選抜で出場した同年12月のアジア・ウインター・リーグでは優勝に貢献し胴上げ投手となった。

 高校時代は主に遊撃手。投手専任となったのは名城大入学以降という経歴ながら、強気に内角を攻める姿勢に加え、スタミナも豊富。最速153キロの直球にカーブ、カットボール、フォークなどの変化球も完成度が高い、本格派のスリークオーター右腕だ。