パに続き、セだ。果たして絶対的優勝候補と言われる巨人3連覇を阻み、最高のスタートダッシュを切るチームはあるのか。DeNA、広島以外はすでに確定と言われる男たちが準備を進めている。

読売ジャイアンツ



vs.DeNA[東京ドーム]

エース・菅野が絶対の大本命

 菅野智之(写真)が大本命だ。上原浩治と並ぶ球団最多タイの7度目、4年連続の大役を任される可能性が高い。「何度やっても特別」と言うマウンドでは4勝を挙げており、勝てば球団史上トップに躍り出る。ただ、不安要素があるとすれば、MLB移籍を目指したことで時間がとられ、始動が遅れたこと。今後の調整が注目される。

阪神タイガース



vs.ヤクルト[神宮]

誰がどう考えても西勇輝!

 誰がどう考えても西勇輝(写真)が2年連続で開幕投手を務める。矢野耀大監督も、12月のテレビ番組ではっきりと「任せたい」と語り、「僕が目指す野球を体現してくれている」と全幅の信頼を置く。キャンプイン後、エンジンを掛けたのは2月11日からの第3クールから。4日間で300球を投げ込むなど徐々にペースを上げている。

中日ドラゴンズ



vs.広島[マツダ広島]

大野はG戦に温存で柳が浮上

 本来なら大野雄大を置いてほかにいないがエースは30日のバンテリンドーム初戦の巨人戦をにらみ、キャンプを通じてスロー調整。となると大役を務めるのは誰か。松葉貴大が立候補しているが、おそらく与田剛監督は柳裕也(写真)を考えているのではないか。右のエースとして飛躍してほしい5年目。開幕を託し、自覚を促す意味も込められているはずだ。

横浜DeNAベイスターズ



vs.巨人[東京ドーム]

濱口が志願も候補はまだ3人

 今永昇太が開幕に間に合わない中、「開幕投手をやらせてください」と三浦大輔監督に志願したのが、5年目の濱口遥大(写真)だ。1月の自主トレで思いを伝えた。指揮官は「そう言ってくるのは非常にいいこと」と目を細めたが、昨季2ケタ勝利の大貫晋一や、平良拳太郎が対外試合で好投しており、この3人が1つのイスを懸け争う。

広島東洋カープ



vs.中日[マツダ広島]

エース対次期エース 最後まで競争?

 2年連続開幕勝利を挙げているエース・大瀬良大地(写真右)が昨年9月に右ヒジを手術したことで、森下暢仁(左)、九里亜蓮が名乗りを上げた。森下はフリー打撃で「レベルが違う」と佐々岡真司監督をうならせ、九里も347球をプルペンで投げ込むなど元気。そして大瀬良も「順調過ぎるほど順調」と第5クールから一軍に合流。最後まで争いが続きそうだ。

東京ヤクルトスワローズ



vs.阪神[神宮]

1月上旬に早くも内定

 開幕投手内定は早かった。新人合同自主トレがスタートした1月9日、高津臣吾監督が報道陣に「彼が第一候補であることは間違いない」と構想を明かしている。5年ぶりに2ケタ勝利(10勝)を挙げた昨季だったが、チームは最下位に沈んだ。FA宣言しながらも残留を決めた小川泰弘(写真)は「もう一度優勝して喜びたい」と、奮起を誓う。