名古屋ダイヤモンドドルフィンズが敵地で白星、滋賀レイクスターズとのシーソーゲームを制す

名古屋ダイヤモンドドルフィンズが敵地で白星、滋賀レイクスターズとのシーソーゲームを制す

 1月16日にウカルちゃんアリーナでB1リーグ第19節が行われ、名古屋ダイヤモンドドルフィンズが滋賀レイクスターズと対戦した。

 1点ビハインドで迎えた第2クォーター、名古屋Dはマーキース・カミングス、クレイグ・ブラッキンズを中心に計18得点をマーク。守っては失点を13点にとどめ、35−31で試合を折り返した。第3クォーターは開始からディオール・フィッシャーにバスケットカウント、狩野祐介に3ポイントを許すなどで攻めこまれ、同クォーター終了時点で54−56とされた。

 しかし、第4クォーター開始3分45秒に笹山貴哉の3ポイントで同点に追いつく。すると、そこからブラッキンズ、中東泰斗の連続得点、この試合で計19得点を記録した安藤周人のフリースローで抜けだし、最終スコア74−68で勝利を収めた。

【試合結果】
滋賀レイクスターズ 68−74 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@ウカルちゃんアリーナ)
滋賀  |18|13|25|12|=68
名古屋D|17|18|19|20|=74


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索