開幕第14週の週間最優秀選手はディアンジェロ・ラッセルとジェームズ・ハーデン!

開幕第14週の週間最優秀選手はディアンジェロ・ラッセルとジェームズ・ハーデン!

◆年明けから絶好調のラッセルと歴史的な活躍を続けるハーデン

 1月22日(現地時間21日)、NBAは開幕第14週となる1月15日(同14日)から21日(同20日)における週間最優秀選手を発表した。

 イースタン・カンファレンスから選ばれたのは、ブルックリン・ネッツのディアンジェロ・ラッセル。キャリア4シーズン目にして初選出となったラッセルは、期間中の3試合(3戦無敗)で平均28.0得点3.3リバウンド7.0アシストの好成績。さらにフィールドゴール成功率53.2パーセント、3ポイント成功率53.1パーセントと大当たり。

 なお、1月に行われた9試合において、ラッセルは平均23.2得点3.7リバウンド7.4アシスト。フィールドゴール成功率50.3パーセント、3ポイント成功率43.8パーセント、フリースロー成功率92.9パーセントと好調をキープ。チームも7勝2敗とイースト3位の戦績を残しており、24勝23敗でイースト6位にまで浮上している。

 一方、ウエスタン・カンファレンスではヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンが今季3度目の選出。キャリア21度目となったハーデンは、期間中の3試合(2勝1敗)で平均54.3得点9.0リバウンド4.7アシスト2.3スティールの大暴れ。『ESPN』によると、3試合のスパンでハーデンが奪った163得点は、過去50シーズンで3番目に高い得点となった。

 ハーデンはここまで19試合連続で30得点以上を奪うパフォーマンスを見せており、歴代5位という記録となっている。ハーデンの記録を上回る上位4つは、いずれもウィルト・チェンバレン(元フィラデルフィア・ウォリアーズほか)が保持しているという。また、ハーデンは19試合すべてにおいてゲームハイの得点をたたき出しており、こちらは史上3番目の最長記録だと同メディアが報じている。

 21日(同20日)終了時点で、ハーデンはリーグトップの平均35.7得点を記録中。このペースを保つことができれば、リーグ史上6人目となるシーズン平均35.0得点達成も夢ではない。直近では、2005−06シーズンにコービー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)が平均35.4得点をマークしていた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索