新潟アルビレックスBBに挑む富山グラウジーズ、“オールスタートリオ”の活躍で難敵撃破なるか

新潟アルビレックスBBに挑む富山グラウジーズ、“オールスタートリオ”の活躍で難敵撃破なるか

■新潟アルビレックスBBvs富山グラウジーズ(@シティホールプラザアオーレ長岡)
1月23日19時5分

 前半戦は中地区で堂々の主役を張った新潟アルビレックスBB。シーホース三河と対戦した前節も、第3クォーターまではクロスゲームだったが、第4クォーターで2点を先取された後に23−0のビッグランを披露する快勝だった。ベンチ入りの11人全員が出場し、うち10人が得点をマーク。山口祐希も今季初フィールドゴール成功を記録した。この試合で負傷した上江田勇樹は、右足前距腓靭帯損傷で全治約3週間と診断されたが、タイムシェアを少しずつ進めている中での6連勝に、チームのムードは高まっているに違いない。

 第17節以来のホームゲームとなる新潟が迎え撃つのは、その第17節で激突した富山グラウジーズ。前節の川崎ブレイブサンダース戦は相手のドライブとパスワークに翻ろうされ、一方で自慢のオフェンスは後半に止められてしまい、20点差の完敗を喫した。ただ、地元開催となった「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019」では大塚裕土が6本の3ポイントを炸裂させ、計24得点でMVPに輝いたのは明るい話題だ。ただし、前回の対戦は新潟が盤石の連勝。2戦目は富山がリードする時間帯も長かったが、勝負どころでは新潟が強みを発揮した。古巣を相手に、2戦とも2ケタ得点を挙げた上江田は今節欠場。当然ながらベンチメンバーの働きが不可欠になってくるが、前節の三河戦で唯一得点のなかった石井峻平にとってはアピールのチャンスでもある。

 富山では、やはり大塚と宇都直輝、水戸健史の“オールスタートリオ”に期待がかかる。前回対戦のようにオフェンス力のある外国籍選手2人のどちらかの得点が伸びない場合、その分を日本人選手がカバーしなければならず、必然的に主力の3人に得点が求められる。その中でも、大塚の爆発的なシュート力は新潟にとっても脅威のはずだ。オールスターMVPの余勢を駆って敵地に乗りこみ、難敵を撃破できるか要注目だ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
山口祐希
柏木真介
五十嵐圭
鵜澤潤
石井峻平
渡辺竜之佑
森井健太
上江田勇樹
池田雄一
ラモント・ハミルトン
ダバンテ・ガードナー

・富山(ヘッドコーチ:ドナルド・ベック)
レオ・ライオンズ
船生誠也
阿部友和
山田大治
水戸健史
宇都直輝
比留木謙司
大塚裕土
葛原大智
青野文彦
ジョシュア・スミス
前田悟
松山駿


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索