去就が注目されていたカーメロ・アンソニー、トレードでブルズ移籍へ

去就が注目されていたカーメロ・アンソニー、トレードでブルズ移籍へ

◆ブルズでプレーする可能性は低く、FAとして新チームと契約するシナリオが濃厚

 1月22日(現地時間21日)、リーグの情報筋が『ESPN』へ伝えたところによると、ヒューストン・ロケッツとシカゴ・ブルズ間でトレードが合意に達し、カーメロ・アンソニーと金銭がブルズへ渡ることになるという。

 ただし、現地時間1月21日は祝日(マーティン・ ルーサー・キングJr.デー)となっているため、NBAがこのトレードを遂行するのは23日(同22日)になるだろうと同メディアが報じている。

 複数の現地メディアによると、カーメロはブルズへ移籍しても、試合には出場しないだろう、というのがもっぱらのウワサとなっており、解雇されて制限なしフリーエージェント(FA)になる見込みだという。

 だが、リーグの情報筋が同メディアのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者へ伝えたところ、ブルズは2月8日(同7日)のトレードデッドラインまでカーメロを解雇せず、彼を含めた1対1のトレードを模索するかもしれないと報じている。そのため、今後カーメロがどのチームでプレーするかは現時点で決まっていない。

 カーメロは昨年11月9日(同8日)のオクラホマシティ・サンダー戦を最後に、試合には出場しておらず、現在はコンディション維持に努めている。プレーできる環境を手にすることができれば、再びコートへ登場することだろう。

 キャリア平均24.0得点を誇るカーメロは、今季10試合(うち先発は2試合)に出場して平均29.4分13.4得点5.4リバウンドを記録。リーグ有数のスコアラーとして知られる34歳のベテランが、今後どのような選択をしていくのか。引き続き注目していきたい。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索