滋賀レイクスターズは並里成をどう抑えるか、琉球ゴールデンキングスとの見応えある攻防に期待

滋賀レイクスターズは並里成をどう抑えるか、琉球ゴールデンキングスとの見応えある攻防に期待

■琉球ゴールデンキングスvs滋賀レイクスターズ(@沖縄市体育館)
1月23日20時5分

 前節のライジングゼファー福岡戦で勝利を収め、西地区2位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの5勝差を保った琉球ゴールデンキングス。今節の滋賀レイクスターズ戦も着実に白星を取ることができれば、このまま独走態勢に入る可能性も十分だ。

 福岡戦は前半こそ32得点とやや苦しんだ感もあったが、第3クォーターの24得点で主導権を握り、ディフェンスは最後まで高い強度を維持した。チームに加わって即スターター出場となったケビン・ジョーンズは39分23秒とほとんど休むことなくコートに立ち、17得点19リバウンドと早速その高い能力を遺憾なく発揮。NBA経験も持つジョーンズは、ジョシュ・スコットの穴埋めにとどまらない活躍を見せてくれそうだ。

 対照的に低迷が続く滋賀は、名古屋Dを相手に6点差の黒星を喫して連敗が「7」に伸びた。オフェンス力のある名古屋Dを74点に抑えたディフェンスは及第点と言っていいが、2点リードで迎えた第4クォーターでシュートまでは持ちこめていたものの決定力を欠き、12得点しか取れずに逆転を許した。1ケタ点差での敗戦は実に17試合目。勝負どころでもうひと踏んばりが利くよう、これまでの苦い経験をそろそろ活かしていかなければならない。

 今節は第20節にして今季初顔合わせとなるカードが多く、琉球と滋賀の激突もその一つ。並里成は、昨季まで在籍した古巣との初対決になる。アシストランキング1位をひた走る並里がそのドリブルやパスで古巣をかく乱するのか、あるいはそのプレースタイルをよく知る狩野祐介ら元チームメートが琉球のオフェンスの起点である並里をシャットアウトするのか。いずれにしても見応えのある攻防に期待大だ。また、今季他地区上位のチームに土をつけてきた滋賀としては、琉球からも白星をもぎ取りたい。過去2シーズン、後半戦に見違えるような飛躍を遂げてきた滋賀。その底力を見せるには、琉球はもってこいの相手だろう。

文=吉川哲彦

■ロースター
・琉球(ヘッドコーチ:佐々宜央)
石崎巧
橋本竜馬
並里成
金城茂之
須田侑太郎
ジェフ・エアーズ
岸本隆一
寒竹隼人
田代直希
アマンゼ・エゲケゼ
アイラ・ブラウン
ジョシュ・スコット(インジュアリーリスト)
古川孝敏
ケビン・ジョーンズ

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
西裕太郎
二ノ宮康平
紺野ニズベット翔
樋口大倫
マーカス・ブレイクリー
高橋耕陽
荒尾岳
ガニ・ラワル
狩野祐介
伊藤大司
ディオール・フィッシャー
鹿野洵生
中村功平


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索