今季10試合出場のソープ、双方合意の契約解除で大阪エヴェッサ退団「躍進を願っています」

今季10試合出場のソープ、双方合意の契約解除で大阪エヴェッサ退団「躍進を願っています」

 大阪エヴェッサは1月22日、ジャマール・ソープとの2018−19シーズン選手契約を双方合意の上で解除したことを発表した。

 現在34歳のソープはドイツやDリーグ(現Gリーグ)、フィンランドなど世界各国のチームでプレーし、2014−15シーズン途中に栃木ブレックスへ入団。その後、レバンガ北海道、サンロッカーズ渋谷、岩手ビッグブルズなどを渡り歩いた。2018年10月に加入した大阪では、第19節を終えて10試合の出場で58得点(1試合平均5.8得点)29リバウンド(同2.9リバウンド)を挙げていた。

 同選手は退団に際し、次のようにコメントした。

「大阪エヴェッサのチームの皆様、オフィシャルパートナーの皆様、ファン・ブースターの皆様、これまで私を支えて下さりありがとうございました。大阪エヴェッサでプレーできて、とても楽しかったです。残念ながら私はこのチームを離れることになりましたが、大阪エヴェッサの更なる躍進を願っています。本当にありがとうございました」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索