移籍となったカーメロへハーデンが言及「彼にはまた楽しくバスケットをしてほしい」

移籍となったカーメロへハーデンが言及「彼にはまた楽しくバスケットをしてほしい」

◆NBA歴代19位の得点を記録するベテランスコアラーの動向に注目

 1月23日(現地時間22日)、ヒューストン・ロケッツはカーメロ・アンソニーと金銭(156万ドル/約1億7,004万円)、2011年にポートランド・トレイルブレイザーズからドラフト指名されてロケッツへと渡ったジョン・ディーブラーの交渉権をシカゴ・ブルズへ、ロケッツはブルズから08年にドラフト指名されたセルビア出身選手(Tadija Dragicevoc)の交渉権を獲得するトレードが正式に決まった。

 昨夏カーメロはオクラホマシティ・サンダーからアトランタ・ホークスへトレードされると、契約のバイアウトが成立し、ロケッツと低年俸で契約。仲のいい友人クリス・ポールと、昨季のMVPジェームズ・ハーデンらと共に、新天地で活躍すべく、肉体改造まで自らに課して精力的にワークアウトを行ってきた。

 ロケッツへフィットすべく、カーメロは自己犠牲もいとわずにベンチスタートとしてプレーしてきたのだが、10試合目のサンダー戦を最後にロケッツと決別。

 カーメロはチーム側と共にトレード先を模索する中、コンディションの維持に努めてきた。移籍先のブルズでプレーする可能性は低く、2月8日(同7日)のトレードデッドラインまでにトレード先が決まらなければ、再び解雇となって自身の望む環境でプレーするべく他チームと交渉を続けることになるという。

 そんな中、ハーデンがカーメロについて『ESPN』へ語っていたので紹介したい。23日(同22日)、ハーデンは10度のオールスター選出を誇るスコアラー、カーメロについて現地メディアへこう口にしていた。

 「彼にはまた楽しくバスケットボールをプレーしてほしいね。彼はそうあるべき選手だと思ってる。これまで、彼はバスケットボールに計り知れないほどの時間をさいて努力を重ねてきた。だからこそ、彼は今後もプレーすべきだし、楽しむべきなんだ」。

 現状、カーメロの親友レブロン・ジェームズが所属するロサンゼルス・レイカーズが獲得候補の1つになっているものの、契約が保障されているロースターが15人おり、カーメロ獲得のためにロースター枠を空けるつもりはないという。そのため、レイカーズへ移籍できるかどうかも不透明となっている。

 34歳のカーメロにとっては、チャンピオンシップ獲得候補のチームでプレーしたいところ。せめて、プレーオフ出場が望めるチームの一員となって、チャンピオンシップ獲得の手助けをする、おそらくそれが理想のシナリオだろう。ハーデンはこう続けた。

 「彼には自身の加入を喜んで受け入れてくれるどこかのチームを見つけて、バスケットボールをしてほしい。だから彼は今後プレーするために、決断しなきゃならないんだ」。

 はたして、カーメロの去就はどうなっていくのか。NBA歴代19位の2万5,551得点を保持するベテランスコアラーの動向に注目したい。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索