注目の一戦は千葉ジェッツに軍配、アルバルク東京を退け今季2度目の10連勝

注目の一戦は千葉ジェッツに軍配、アルバルク東京を退け今季2度目の10連勝

 1月23日に千葉ポートアリーナでB1リーグ第20節が行われ、千葉ジェッツとアルバルク東京が対戦した。

 第14節の対戦では星を分け合い、「第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」準決勝では大接戦の末に千葉ジェッツに軍配が上がったこのカード。今季の3戦はいずれも5点差以内で決しており、今節も熱戦が期待される中で試合がスタートした。

 第1クォーター序盤、A東京がアレックス・カークのダンクや3ポイント、菊地祥平のフリースローなどで10点を連取。すぐさまタイムアウトを取った千葉は石井講祐、小野龍猛が3ポイントを決めると、ジョシュ・ダンカンが強烈ブロックで相手の得点を阻止するなど対抗し、19−26で最初の10分間を終えた。

 第2クォーターはシュートがなかなか入らないA東京に対し、千葉がギャビン・エドワーズを中心に攻めこみ、オフィシャルタイムアウトの時点で27−31。しかし中盤以降はA東京が立て直し、小島元基、カークが立て続けにバスケットカウントを奪うなど、36−44と8点差で試合を折り返した。

 富樫勇樹の得点でスタートした第3クォーター、千葉が一気に相手を突き放しにかかる。47−52で迎えた開始4分39秒に富樫が3ポイントを沈めると、同5分6秒にマイケル・パーカーが同点のジャンプショットを成功。さらに連続得点で試合をひっくり返し、千葉が62−56と逆転した。

 第4クォーターは開始5分12秒に小野が3ポイントを決め、千葉が76−64とこの試合初めての2ケタリード。その後も2ケタの点差を保っていたものの、80−68の試合終了残り2分12秒を切って形勢が逆転する。A東京はカークのインサイドから積極的にたたみ掛け、3点差まで迫った同12秒に相手の5秒バイオレーションを誘発。直後に馬場雄大がダンクを叩きこみ、フリースローで1点返された直後のオフェンスでミルコ・ビエリツァが3ポイントを放った。しかし逆転を狙った一撃はネットを揺らせず、81−79で千葉が逃げきった。

 ターンオーバーから15得点、ファストブレイクから19得点を奪うなど得意のオフェンスを見せた千葉は、第19節の栃木ブレックスに続き東地区上位を争うA東京を撃破。第7節以来となる今季2度目の10連勝を飾った。一方のA東京はルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチや田中が「第3クォーターがすべてだった」と口をそろえたように、後半の出だしで失速。終盤の追いあげも実らず、今季12敗目を喫した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索