西宮が初代B2王者に輝く、島根を寄せつけず25点差の圧勝

西宮が初代B2王者に輝く、島根を寄せつけず25点差の圧勝

 5月20日にB2 PLAYOFFS 2016−17のファイナルが国立代々木競技場第二体育館で行われ、西宮ストークスが島根スサノオマジックと対戦した。

 第1クォーターは終盤まで互角の展開となったが、残り2秒に梁川禎浩のアシストからラリー・オーウェンスが3ポイントシュートを沈め、20−14で最初の10分間を終えた。

 第2クォーター開始約2分間は互いにシュートを決めきれずノーゴール。開始2分12秒に道原紀晃の得点で先制すると、谷直樹とドゥレイロン・バーンズなどが計19点をマークし、11点リードでハーフタイムを迎えた。

 第3クォーターは相手のミスも助かりわずか6失点に抑えると、谷、道原を中心に計24点をマーク。63−34の大量リードで最終クォーターに突入した。

 最後の10分間こそ相手に19点を与えたが、終始20点以上のリードを保ったまま危なげなく試合を進め、最終スコア78−53で勝利。25点差で圧勝した西宮が初代B2王者に輝いた。

【試合結果】
島根スサノオマジック 53−78 西宮ストークス

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索