1月15日、各地でB1リーグ第17節が行われ、沖縄市体育館では滋賀レイクスターズが琉球ゴールデンキングスと対戦した。

 第1クォーターからデモン・ブルックスに10得点を与え、18−27で同クォーターを終えた滋賀。しかし、次の10分間は齋藤拓実が8得点、ヘンリー・ウォーカーが9得点を記録して追いあげ、2点ビハインドで前半を終了した。

 第3クォーターは残り3分39秒にジェフ・エアーズのダンクシュートで試合をひっくり返す。65−62で最後の10分間を迎えると、第4クォーターは25−16と差を広げ、最終スコア90−78で勝利。

 滋賀はウォーカーが計25得点、エアーズが20得点13リバウンド、齋藤が17得点7アシストでチームをけん引した。

【試合結果】
琉球ゴールデンキングス 78−90 滋賀レイクスターズ(@沖縄市体育館)
琉球|27|18|17|16|=78
滋賀|18|25|22|25|=90