◆「まずは健康を取り戻せるようにして、インパクトを与えたい」と現状を明かす

 2月7日(現地時間6日、日付は以下同)に成立した3チーム間のトレードで、ジャスティス・ウィンズロウはマイアミ・ヒートからメンフィス・グリズリーズへと移籍した。

 キャリア5年目のハードワーカーは、198センチ102キロという屈強な肉体を持つ万能戦士。攻防両面で献身的なプレーが光る23歳は、12日に現地メディア『TMZ Sports』の直撃取材に遭い、こんな言葉を残している。

「最高さ。俺はここが大好きだ。皆が俺のことを受け入れてくれているし、ワクワクさせてくれた。だからまずは健康を取り戻せるようにして、インパクトを与えたいね」。

 ウィンズロウは今季、平均32.0分11.3得点6.6リバウンド4.0アシストを残しているものの、1月上旬から背中を痛めて欠場を続けており、具体的な復帰時期は決まっていない。

 ただし、今季絶望という報道はないため、後半戦のどこかで復帰できる見込み。し烈なプレーオフ出場争いを繰り広げているグリズリーズにとって、ウィンズロウは勢いを与える存在になると期待したい。