2月15日、岐阜県の大垣市総合体育館とOKBぎふ清流アリーナにて「第33回東海高等学校バスケットボール新人大会」の男女1、2回戦が開催された。

 男女各12チームが参加した同大会は1回戦は8チームが参戦し、勝ち上がった4チームが2回戦でシード校と対戦するレギュレーション。男子はシード校の富田高校(岐阜県)や中部大学第一高校(愛知県)、四日市工業高校(三重県)が勝ち上がりを決める。そんな中、1回戦で唯一100点ゲームを演じた美濃加茂高校(岐阜県)はシード校である飛龍高校(静岡県)を破り、ベスト4進出を果たした。

 一方、女子はウインターカップ女王の桜花学園高校(愛知県)が100点以上の点差をつける圧倒的な強さで2回戦を突破。また、ウインターカップ2位の岐阜女子高校(岐阜県)や同ベスト16の浜松開誠館高校(静岡県)も大差で勝利を収めた。接戦を演じたのは安城学園高校(愛知県)といなべ総合高校(岐阜県)。序盤の劣勢から怒涛の反撃を見せた安城学園が1点差でベスト4入りを決めた。

 東海高校新人大会、男女の1、2回戦結果は以下のとおり。 

■男子1回戦
安城学園高校(愛知県) 74−88 藤枝明誠高校(静岡県)
津工業高校(三重県) 59−78 高山西高校(岐阜県)
静岡学園高校(静岡県) 67−60 桜丘高校(愛知県)
美濃加茂高校(岐阜県) 106−93 皇學高校(三重県)

■男子2回戦
富田高校(岐阜県) 75−65 藤枝明誠高校(静岡県)
高山西高校(岐阜県) 44−87 中部大学第一高校(愛知県)
四日市工業高校(三重県) 66−51 静岡学園高校(静岡県)
美濃加茂高校(岐阜県) 71−54 飛龍高校(静岡県)

■女子1回戦
四日市商業高校(三重県) 54−67 藤枝順心高校(静岡県)
安城学園高校(愛知県) 106−53 岐阜商業高校(岐阜県)
名古屋女子大学高校(愛知県) 58−63 四日市メリノール学院高校(三重県)
美濃加茂高校(岐阜県) 47−108 浜松学院高校(静岡県)

■女子2回戦
岐阜女子高校(岐阜県) 96−53 藤枝順心高校(静岡県)
安城学園高校(愛知県) 91−90 いなべ総合高校(三重県)
浜松開誠館高校(静岡県) 72−32 四日市メリノール学院高校(三重県)
浜松学院高校(静岡県) 34−143 桜花学園高校(愛知県)