3月25日。バスケットボール男子日本代表のエース、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)が自身のツイッターとインスタグラムに日本語と英語で今の思いを綴った。

「僕はアスリートとしてコンペティターであり、今年の夏のオリンピックで日本を代表する事をとても楽しみにしておりましたが、今回東京五輪が2021年に延期になった事を理解しサポートしています。

 世間は現在非常に厳しいチャレンジに直面し、今は皆さんの健康と安全が第一優先だと思います。オリンピックの全アスリートは来年に向けて世界中のファンの為に素晴らしいパフォーマンスをするモチベーションを持ち、世界がこのパンデミックを乗り越えた後、僕は自分の母国での素晴らしい祭典になると信じています。皆さん、それを実現するように一丸となりこれからも頑張りましょう!」

 24日夜。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と、安倍晋三内閣総理大臣が電話会談を行い、東京オリンピック・パラリンピック2020の開催が1年程度の延期になることで合意に達した。

 新型コロナウイルスのパンデミック化により、世界各国のアスリートが本来のワークアウトをこなすことができず、自宅待機せざるを得ない状況なだけに、的確な判断だったと言っていいだろう。

 それでも、東京オリンピックが中止にならなかったのは朗報と受け取っていい。オリンピックという大舞台でプレーすることを夢見てきた選手は、八村だけではないはず。今後、新型コロナウイルスの感染が終息を迎えることを願い、来年の夏までにオリンピックが開催されることを望むばかりだ。