四川に逆転負けを喫したSR渋谷、指揮官は「自分の責任」と選手を擁護

四川に逆転負けを喫したSR渋谷、指揮官は「自分の責任」と選手を擁護

 8月4日に韓国の安養市体育館で2017 正官庄 東アジアチャンピオンズカップが開幕。日本代表として出場するサンロッカーズ渋谷は5日の第2戦で四川金強ブルーホエールズ(中国)と対戦し、最終スコア69−72で敗れた。

 試合終了残り1分32秒時点で69−66とリードしたが、立て続けに得点を許し、逆転負けを喫したSR渋谷。指揮官の勝久ジェフリーヘッドコーチは試合後、クラブの公式Facebookで「接戦を勝ちきれなかったのはコーチである自分の責任です。もっといい判断、アドバイスをできるようにしたいです」と選手たちを擁護し、「試合終盤はどのプレーをするにも疲れとともに質が落ちていきました。そこでよりフィジカルにプレーしていた相手の方にアドバンテージを取られてしまったのだと思います」と敗因を分析した。

 一方で、「シーズンの早い時期にこういう経験ができるのはチームにとってすごくプラスなので少しずつ成長していきたいです」と、今後へ向け意欲を示した。

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索