名古屋ダイヤモンドドルフィンズは30日、ヒルトン・アームストロングとジャメール・マクリーンとの契約を満了したと発表した。

 211センチ107キロでパワーフォワードとセンターを務めるアームストロングは、2006年にNBAすると、ニューオーリンズ・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ペリカンズ)やワシントン・ウィザーズ、ゴールデンステート・ウォリアーズなどで通算292試合に出場。その後千葉ジェッツに加入し、琉球ゴールデンキングスを経て2019年に名古屋Dへ加入。今シーズンは33試合の出場で320得点(平均9.7得点)、315リバウンド(同9.5リバウンド)を記録していた。

 今年2月に名古屋Dへ加入したマクリーンは、203センチ103キロのパワーフォワード兼センター。6試合に出場し、112得点(同18.7得点)67リバウンド(同11.2リバウンドを挙げた。
 両選手は、クラブを通じて以下のとおりコメントしている。

 ヒルトン・アームストロング
「一年半の間、名古屋ダイヤモンドドルフィンズでプレーが出来て本当に良かったです。とても楽しい仲間と一緒にバスケットができました。ファンの皆さまもサポートありがとうございました」

 ジャメール・マクリーン
「残念ながら今シーズンは新型コロナウイルスの影響で中断となりましたが、チームメイトやスタッフと過ごせた時間を嬉しく思っています。本当にありがとうございました。短い間でしたが、ファンのサポートにも感謝しています。皆さまの安全を祈ってます」