今季のオールスターゲームは熊本で開催、Bリーグ大河チェアマン「復興支援を目的に」

今季のオールスターゲームは熊本で開催、Bリーグ大河チェアマン「復興支援を目的に」

 Bリーグは8月7日、2017−18シーズンのオールスターゲームを熊本県で開催することを発表した。

「B.LEAGUE ALLSTAR GAME 2018」と題した試合は、2018年1月14日に熊本ヴォルターズのホームアリーナ、熊本県立総合体育館で実施。平成28年熊本地震の復興支援も兼ねている。

 Bリーグの大河正明チェアマンは「平成28年熊本地震を決して忘れない。熊本から日本を元気にするべく、復興支援を目的にオールスターゲームを熊本で開催することを決定いたしました。2年目も前例や常識にとらわれることないB.LEAGUE らしい“BREAK THE BORDER”なオールスターゲームをご期待ください」とコメントした。

 なお、昨季のオールスターゲームは国立代々木競技場第一体育館で行われ、9567人が観戦に訪れた。

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索