5月7日、Wリーグが「第21回Wリーグシーズンレポート」を公表した。

 本レポートでは入場者数やSNSの状況を数値等で記載。入場者数に関しては、新型コロナウイルス感染症の影響でレギュラーシーズン36試合が中止。さらにはプレーオフも中止となった影響が大きく響き、総入場者数は昨年比の61.4%(92,718人)となった。

 だが、ネット視聴では、W-TV(Wリーグの公式ホームページよりパソコンやスマートフォンなどから視聴することができる動画配信サービス)の加入者が先シーズンより3,000人増加。また、Twitter、Instagram、FacebookのSNSでもフォロワーが増加した。

 混戦の様相を呈していた第21回Wリーグ。だが、新型コロナウイルス感染症の影響で終盤に中止を余儀なくされた。来る新シーズンでは、先シーズン同様に熱い戦いが見られることを期待したい。

【第21回Wリーグシーズンレポート】
https://www.wjbl.org/topics/detail.html?id=2274