レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が、映画『スペース・ジャム2』に関連する新情報を発表。正式タイトルは『Space Jam: A New Legacy(原題)』となるようだ。

 1997年公開の『スペース・ジャム』は、トゥイーティーやバッグス・バニーでお馴染みの『ルーニー・テューンズ』のアニメーションと実写を絡めたマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)主演の映画。宇宙人に連れ去られそうになる『ルーニー・テューンズ』のキャラクターたちを守るべく、ジョーダンがバスケットで悪者を撃退する物語も去ることながら、本作にはチャールズ・バークレー(元フェニックス・サンズほか)やパトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか)、ラリー・バード(元ボストン・セルティックス)といったスタープレーヤーたちも出演し、公開から20年が経過した現在でもカルト的な人気を誇っている。

 レブロン主演の続編が噂されはじめたのは、2016年5月にまで遡る。当時はレブロンが主演であることと、『ワイルド・スピード』シリーズなどで知られるジャスティン・リンが監督を務めると報じられたが、そこから話は二転三転、最終的にはスパイク・リーの従兄弟であるマルコム・D・リーが指揮を執ることとなり、2019年6月になってようやく撮影が開始された。

 ストーリーの概要は未だ明らかになっていないが、撮影のロケ地には『エイリアン2』や『タイタニック』への出演などで知られるジェームズ・ゴールドスタインの自宅が使用されたと言われている。また、今年3月には現場で撮影された写真がネット上にリークされ、マスクやジョーカー、ヴォルデモートといった「ワーナー・ブラザース」の一部キャラクターが出演していることも判明した。

 そして、旧作に往年の名選手たちが登場したのと同様に、本作にもクレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)やアンソニー・デイビス(レイカーズ)、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、クリス・ポール(オクラホマシティ・サンダー)といったNBAの顔たちがカメオ出演している。

 レブロンは、タイトルの公開とあわせて、『Space Jam: A New Legacy』のロゴも公開。宇宙船を彷彿させるようなモチーフの下には「A NEW LEGACY」のテキストが添えらている。

 アメリカでは、2021年7月16日公開予定。特報や予告編の公開も待ち遠しい。

文=Meiji