Bリーグは10日、「B.LEAGUE AWARD SHOW 2019−20」を開催し、2019−20シーズンのマスコットオブザイヤーに千葉ジェッツのジャンボくんが輝いたと発表した。3連覇を果たしたため殿堂入りとなり、来シーズンは「Bリーグベストマスコット」として活動する。

 マスコットオブザイヤーはファン投票で順位を決定する方式を取っており、4月9〜15日の間に特設WEBサイト、SNS(Twitter、Instagram)、LINE、B.スマコレにて投票を受け付けていた。有効投票数は、前回の86,244 票を大きく超え、過去最高となる276,758票を記録したという。なお2位は宇都宮ブレックスのブレッキー、3位は川崎ブレイブサンダースのロウル、4位はサンロッカーズ渋谷のサンディー、5位にはアルバルク東京のルークが選ばれた。

 ジャンボくんはピンク色の象で、今年の目標に「マスコット総選挙3連覇」を掲げていた。見事3連覇を果たし、自身の目標を達成したジャンボくんは、アワードの配信内にて「みんなのおうえんがうれしい」「Bリーグマスコットもりあげるゾウ」と喜びの言葉を綴った。

「B.LEAGUE MASCOT OF THE YEAR 2019-20」の最終順位は以下のとおり。

■「B.LEAGUE MASCOT OF THE YEAR 2019-20」結果※()内は所属クラブ/前回順位/得票数
1位:ジャンボくん(千葉ジェッツ/前回1位/40,521票)
2位:ブレッキー(宇都宮ブレックス/前回5位/36,560票)
3位:ロウル(川崎ブレイブサンダース/前回4位/30,379票)
4位:サンディー(サンロッカーズ渋谷/前回2位/26,922票)
5位:ルーク(アルバルク東京/前回3位/16,947票)
6位:シーホースくん(シーホース三河/前回14位/12,008票)
7位:ゴーディー(琉球ゴールデンキングス/前回7位/11,135票)
8位:コルス(横浜ビー・コルセアーズ/前回16位/11,093票)
9位:シカッチェ(バンビシャス奈良/前回6位/9,746票)
10位:レバード(レバンガ北海道/前回12位/9,502票)
11位:はんニャリン(京都ハンナリーズ/前回9位)
12位:ビッキー(秋田ノーザンハピネッツ/前回18位)
13位:ティナ(仙台89ERS/前回11位)
14位:グラッキー(富山グラウジーズ/前回10位)
15位:モヒカンアビィ(広島ドラゴンフライズ/初出場)
16位:マグニー(滋賀レイクスターズ/前回31位)
17位:ぼるたん(熊本ヴォルターズ/前回20位)
18位:ロボスケ(茨城ロボッツ/前回26位)
19位:ブレア−(信州ブレイブウォリアーズ/前回17位)
20位:ダンカー(三遠ネオフェニックス/前回25位)
21位:アルード(新潟アルビレックスBB/前回23位)
22位:ディー・ディー(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ/前回28位)
23位:ストーキー(西宮ストークス/前回19位)
24位:クイッキー・デッチ(青森ワッツ/前回27位)
25位:すさたまくん(島根スサノオマジック/前回22位)
26位:さんだくん(群馬クレインサンダーズ/前回23位)
27位:ボンズくん(福島ファイヤーボンズ/前回32位)
28位:リードくん(Fイーグルス名古屋/前回21位)
29位:神くん(ライジングゼファー福岡/前回15位)
30位:まいどくん(大阪エヴェッサ/前回30位)
31位:アルファマン(越谷アルファーズ/初出場)
32位:ヴァンゴー(山形ワイヴァンズ/前回29位)
33位:バルト(愛媛オレンジバイキングス/前回33位)