アメリカU18代表歴を持つフォワードのウェア、大阪に加入決定

アメリカU18代表歴を持つフォワードのウェア、大阪に加入決定

 大阪エヴェッサは8月8日、デイビッド・ウェアがチームに加入することを発表した。

 1990年生まれのウェアは、208センチ86キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。2008年にはアメリカU18代表に名を連ね、アルゼンチンで開催されたFIBA アメリカズU18チャンピオンシップに出場し、銀メダルを獲得した。高校卒業後はノースカロライナ大学に進学し、2年次にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)へ編入した。

 同大卒業後、2014年にNBA Dリーグ(現Gリーグ)のリノ・ビッグホーンズでプロキャリアをスタート。翌年3月には、NBAのサクラメント・キングスと10日間契約を締結し、2試合に出場した。2015−16シーズンからは、スペイン1部リーグのバロンセスト・フエンラブラダでプレーした。

 なお、大阪は同日、グレッグ・スミスの獲得も併せて発表した。

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索